NetApp Hybrid Cloud Controlを使用したクラウド サービスの有効化

ネットアップ クラウド サービスを有効にすると、NetApp HCI上のKubernetesクラスタとクラウド ボリュームにアクセスできるようになります。また、NetApp Kubernetes Serviceを使用してKubernetesクラスタを導入および管理することも可能になります。クラウド サービスの有効化は、NetApp Hybrid Cloud Controlを使用して実行します。

タスク概要

このプロセスにより、クラウド ボリュームが90日間の試用版ライセンスで有効になります。後日ネットアップ ライセンス ファイル(.nlf ファイル)をアップロードして、試用版ライセンスを本番環境ライセンスに変換することができます。

ウィザードでは次のタスクを実行します。

手順

  1. Webブラウザを開いて管理ノードのIPアドレスを入力し、NetApp Hybrid Cloud Controlにアクセスします。
    https://<ManagementNodeIP>/manager/login

    詳細についてはNetApp Hybrid Cloud Controlを参照してください。

    NetApp Hybrid Cloud Controlへのアクセス

    使用可能なサービスが1つあるが有効になっていないことを示すHybrid Cloud Controlの画面
  2. [Enable]をクリックします。
  3. Cloud Centralのアカウントがない場合は、Cloud Centralのログイン ページで[Sign Up]をクリックします。

    Cloud Centralでは、アカウントを個別のアカウントまたはフェデレーテッド アカウントとしてセットアップすることができます。

    • 名前、Eメール アドレス、パスワードを指定して新しいアカウントを作成し、ログインできます。これは最もシンプルなタイプのアカウントです。
    • Cloud Centralのフェデレーション組織に所属している場合は、Eメール アドレスを入力すると組織のログイン ページに転送されます。
  4. Cloud Centralのログイン ページで、Cloud Centralのログイン クレデンシャルを入力し、[Login]をクリックします。
    [Enable Cloud Services]ページが表示されます。
    Select Cloud Services image
  5. [Enable Cloud Services] > [Services]ページで、有効にするサービスを選択します。
    • NetApp Kubernetes ServiceNetApp Kubernetes Serviceは、主要なクラウド プロバイダおよびネットアップのプライベート クラウドでKubernetesクラスタを導入するためのSaaSプラットフォームです。必ず使用してください。NetApp HCIでクラウド サービスを有効にする場合は必須のサービスです。このサービスは、NetApp HCIコンピューティング ノードにVMとしてインストールされます。

    • Cloud VolumesNetApp HCI上のクラウド ボリュームを管理するには、このサービスを選択します。このサービスは、オンデマンドの共有ファイルシステム機能をオンプレミスで提供します。[Cloud Volumes]オプションを使用すると、パブリック クラウドとの間でデータ ファブリック レプリケーションを実行できます。近々対応予定です。

    • Cloud Insights:近々対応予定です。

    各サービスおよびその情報はテクノロジ プレビュー モードで提供されます。上記とは異なるサービスが表示される場合があります。

  6. [Continue]をクリックします。
  7. NetApp Kubernetes Service APIトークンがない場合は、[Enable Cloud Services] > [NetApp Cloud Central]ページで[API token]リンクをクリックします。

    NetApp HCIに対してクラウド サービスを有効にするには、Cloud Centralアカウントに関連付けられたNetApp Kubernetes Service APIトークンが必要です。以下の手順は、クラウド サービスを有効にする前、または有効化のプロセス中に実行できます。

    1. トークン名を入力し、[Create]をクリックします。

      Kubernetes APIトークンのコピー
    2. トークンをコピーします。
    3. NetApp Hybrid Cloud Controlに戻り、[NetApp Kubernetes Service API Token]フィールドにトークンを貼り付けます。
    4. [Connect]をクリックします。
    これで登録が確立され、Cloud Centralに接続されました。[Organization]フィールドと[Region Name]フィールドには、このCloud Centralの接続に使用できるデータセンターとリージョンが表示されます。
    Cloud Centralへのインストール環境の登録の画像
  8. Cloud Centralの組織とリージョンを選択します。
    注:リージョン名は、このNetApp HCI環境を識別するために使用します。また、このインストール環境で作成されるNetApp Kubernetes Serviceクラスタのサイト名としても使用されます。
  9. [Continue]をクリックして[vCenter Resources]ページに移動します。

    vCenterリソースの選択の画像
  10. [vCenter Resources]ページで、次の項目を入力または選択します。
    • DatacenterNetApp HCIシステムに設定されているデータセンターの中から選択します。
    • ClusterNetApp HCIシステムに設定されているクラスタの中から選択します。

    vCenterインスタンスとインスタンスに接続されている管理者ユーザが表示されます。

  11. [Continue]をクリックして[Networking]ページに移動します。

    ネットワーク設定の定義の画像
  12. [Networking]ページで、各フィールドにネットワーク情報を設定します。
    • NetApp Kubernetes Service Management NetworkNetApp Kubernetes Serviceサービス クラスタの管理トラフィックに使用するvSphere分散ポート グループを選択します。このネットワークにはアウトバウンド インターネット アクセスが必要です。
    • NetApp Kubernetes Service Workload Network:アプリケーションを配置するNetApp Kubernetes Serviceワークロード クラスタの管理トラフィックに使用するvSphere分散ポート グループを選択します。このネットワークにはアウトバウンド インターネット アクセスが必要です。
    • NetApp Kubernetes Service Data Network:NKSワークロード クラスタの永続ボリュームのデータ トラフィックに使用するvSphere分散ポート グループを選択します。
  13. [Continue]をクリックします。
  14. [Review]ページで、各オプションを展開して選択内容を確認し、[Continue]をクリックします。

タスクの結果

NetApp HCIクラウド サービスが有効になり、NetApp Hybrid Cloud Controlの開始ページに戻ります。このページの[Enable NetApp Cloud Services]タイルには、有効になったサービスの数が表示されます。プロセス中、ウィンドウはいつでも閉じることができます。

NetApp HCINetApp Kubernetes Serviceを使用してサービス クラスタを作成します。サービス クラスタは、4つのVM(Kubernetesマスター ノード1つとKubernetesワーカー コンピューティング ノード3つ)で構成されるKubernetesクラスタです。

終了後の操作

次に、NetApp Kubernetes Serviceを使用してKubernetesサービス クラスタを表示し、NetApp HCIシステムにワークロード クラスタを追加します。