管理サービスの更新

ネットアップは、NetApp HCIに含まれる管理機能を定期的に更新します。導入後は、NetApp Deployment Engineを使用して最新の管理サービスの有無を確認し、更新を適用することができます。以下の手順を一度だけ実行することで、NetApp HCIでNetApp Hybrid Cloud Control機能が有効になります。

手順

  1. 管理ネットワークにアクセス可能なコンピュータでWebブラウザを開き、ストレージ ノードの管理IPアドレスにアクセスします。次に例を示します。
    https://<StorageNodeMIP>:442/nde
  2. [Update Services]をクリックします。
  3. オプション: [Authentication Required]ダイアログ ボックスが表示された場合は、次の手順を実行します。
    1. 管理ノードのIPアドレスとNetApp HCIストレージ クラスタのクレデンシャルを入力します。
    2. [Update]をクリックします。
      システムが管理ノードとの通信を試みます。エラーが表示された場合は、管理ノードのSSL証明書がブラウザで信頼されていません。エラー メッセージに記載されている手順に従って、SSL証明書を受け入れて、もう一度更新を実行します。認証に成功すると、ダイアログが閉じて更新が開始されます。
  4. 更新が完了したら、[Launch NetApp HCI]をクリックしてNetApp Hybrid Cloud Control(NetApp HCIの管理アプリケーション)を開きます。