vCSAのvCenter Plug-inの登録更新

登録画面を使用して、vCenter Server Virtual Appliance(vCSA)のvCenter Plug-inを更新できます。登録画面にはクラスタの管理ノードのIPアドレスからアクセスできます。

開始する前に

タスク概要

vCenter Plug-inの登録変更は、プラグインを使用するすべてのvCenter Serverで行う必要があります。

手順

  1. 登録用TCPポートを含む管理ノードのIPアドレスをブラウザに入力します(https://[management node IP]:9443)。

    プラグインの[Manage QoSSIOC Service Credentials]ページが表示されます。


    表示されるプラグインの登録ユーティリティ
  2. [vCenter Plug-in Registration]をクリックします。
    表示される登録ユーティリティの登録タブ
  3. vCenter Plug-inがすでに登録されているかどうか、および現在のインストールのバージョン番号を確認するには、[Registration Status]をクリックし、必要なフィールドに入力して[Check Status]をクリックします。
  4. [Update Plug-in]をクリックします。
  5. 次の情報を確認し、必要に応じて更新します。
    • プラグインを登録するvCenterサービスのIPv4アドレスまたはFQDN。
    • vCenter Administratorのユーザ名。
      注:vCenter Administratorロールの権限を持つユーザのユーザ名とパスワードを入力する必要があります。
    • vCenter Administratorのパスワード。
    • (社内サーバ / ダーク サイトの場合)プラグインのZIPのカスタムURL。
      注:ほとんどのインストールではデフォルトのパスが使用されます。HTTPサーバまたはHTTPSサーバ(ダーク サイト)を使用する場合や、ZIPファイルの名前またはネットワーク設定を変更した場合は、[Custom URL]をクリックしてURLをカスタマイズできます。URLをカスタマイズする場合の追加の設定手順については、社内(ダーク サイト)のHTTPサーバのvCenterプロパティの変更に関するプラグインのドキュメントを参照してください。
  6. [Update]をクリックします。
  7. オプション: vCenterに更新後のバージョンのプラグインが登録されたことを確認するには、[Registration Status]をクリックし、必要なフィールドに入力して[Check Status]をクリックします。
  8. (vCenter Plug-in 3.0以前のみ)vCenter Plug-in 3.0以前から更新している場合は、vCSAのSSHセッションからrootアカウントとして次のコマンドを入力します。# rm -rf /storage/vsphere-client/netapp-solidfire# reboot
    注:この操作により、vSphere Web Clientに新しいvCenter Plug-inがインストールされる前に、バージョン3.0.0のデータベースが削除されます。登録プロセスが完了したら、NetApp Element Configuration拡張ポイントを使用してもう一度クラスタを追加する必要があります。
  9. vSphere Web ClientにvCenter Administratorとしてログインします。
    注:この操作により、新しいプラグインの更新がインストールされ、新しいデータベースが作成されます。vCenter Plug-inのアイコンがvSphereのメイン ページに表示されない場合は、プラグインのトラブルシューティングに関するドキュメントを参照してください。
  10. NetApp Element Configuration拡張ポイントの[About]タブでバージョンの変更を確認します。
    注:vCenter Plug-inには、オンライン ヘルプが用意されています。ヘルプの最新のコンテンツが読み込まれるようにするために、プラグインをアップグレードしたあとにブラウザ キャッシュをクリアしてください。