Kubernetesのポッド、ボリューム、およびプロジェクト

NetApp HCI上のクラウド サービスではポッド、ボリューム、およびプロジェクトを使用します。これらはNetApp Kubernetes Service(NKS)を使用して作成および管理します。永続ボリュームはTridentソフトウェアによって管理されます。

Kubernetesポッド
各Kubernetesポッドは1つ以上のコンテナの集まりです。ポッドは、重要なサービスで単一点障害が発生しないようにするために、各サービスの複数のレプリカで実行されます。Kubernetesアーキテクチャでは、一連のコンテナをまとめて導入および拡張することができます。これには、Kubernetesクラスタでの最小導入単位であるポッドを使用します。ポッドを使用すると、複数のコンテナで同じリソース(IPアドレスやファイルシステムなど)を共有できます。
Kubernetesプロジェクト
Kubernetesプロジェクトは、WordspaceやMySQLなどのアプリケーションをグループ化するためのコンストラクトです。プロジェクトは、Kubernetesクラスタ上のRBACを使用するネームスペースです。
Kubernetesボリューム
Kubernetesボリュームは、ポッドに直接プロビジョニングされるストレージです。NetApp Kubernetes Serviceは、Amazon EBS、Azure Disk Storage、Google Persistent Disk、NFSなど、さまざまなボリューム タイプをサポートします。ボリュームを使用することでポッド内のコンテナ間で情報を共有できるようになります。ボリュームは、所属するポッドが削除されると破棄されます。
永続ボリューム
NKSでは、どのポッドにも属さず、独自の有効期間を持つ永続ボリュームを使用できます。永続ボリュームは、データベース サービスなどのステートフルなアプリケーションをサポートするために使用できます。これにより、エンタープライズ ソリューションのすべてのコンポーネントをNKSで導入および管理できるようになります。Tridentを使用してPersistent Volume Claim(PVC;永続ボリューム要求)を管理することで、ポッドを作成する開発者は、アクセス対象のストレージの細かな実装作業から解放されます。
Tridentソフトウェア
NetApp HCIのNKSは、コンテナ化されたアプリケーションにストレージを自動的にプロビジョニングするためにTridentソフトウェアを使用します。Tridentは、新しいNKSクラスタを作成すると自動的に導入および設定されます。コンテナ化されたアプリケーションがPVC要求を発行すると、Tridentは要求されたパラメータを使用して、NetApp HCINetApp Elementソフトウェア ストレージ レイヤに直接、またはローカルで実行されているCloud Volumes Serviceに、ストレージを動的にプロビジョニングします。