インベントリの選択とノードの互換性

導入するノードを選択する際、同じ環境で組み合わせ可能なノード構成にはいくつかの制限があります。

ストレージ ノードの互換性

NetApp HCIでは、SED(自己暗号化ドライブ)およびFIPS 140-2ドライブ暗号化機能を備えたストレージ ノードとドライブがサポートされます。NetApp HCIを導入または拡張する際には異なる暗号化レベルのノードを混在させることができますが、サポートされるのはより基本的な形式の暗号化のみです。たとえば、FIPS暗号化対応のストレージ ノードとSED暗号化しかサポートしないノードが混在している場合、SED暗号化はサポートされますが、FIPSドライブ暗号化はサポートされません。

注:FIPSドライブ暗号化に対応したストレージ ノードをストレージ クラスタに追加しただけでは、FIPSドライブ暗号化機能は有効になりません。FIPS対応ノードを追加して導入または拡張したあとに、FIPSドライブ暗号化を手動で有効にする必要があります。手順については、『Elementソフトウェア ユーザ ガイド』を参照してください。

同じ導入環境で互換性を確保するためには、すべてのストレージ ノードが同じマイナー バージョンのElementソフトウェアを実行している必要があります。たとえば、Element 11.3.1を実行しているストレージ ノードとElement 11.5を実行しているストレージ ノードを混在させることはできません。

注:ノードのハードウェア構成によっては、H410Sストレージ ノードが、H300S、H500S、またはH700Sストレージ ノードとしてインベントリ リストに表示される場合があります。

コンピューティング ノードの互換性

コンピューティング ノードをインベントリとして選択できるためには、ノードが次の要件を満たしている必要があります。
  • VMware vMotionが適切に機能するように、すべてのコンピューティング ノードのCPU世代が一致している必要があります。インベントリからコンピューティング ノードを1つ選択すると、そのノードとはCPU世代が異なるノードは選択できなくなります。
  • コンピューティング ノードとGPU対応のコンピューティング ノードを同じコンピューティング クラスタ内に混在させることはできません。GPU対応のコンピューティング ノードを選択すると、CPUのみのコンピューティング ノードは選択できなくなります。その逆も同様です。
  • コンピューティング ノードで実行されているソフトウェアのバージョンが、導入環境をホストしているNetApp Deployment Engineとメジャーおよびマイナー バージョンの両方で一致している必要があります。一致していない場合は、RTFIプロセスを使用してコンピューティング ノードを再イメージ化する必要があります。手順については、RTFIに関するネットアップの技術情報アーティクルを参照してください。
  • [Compute Nodes]リストにコンピューティング ノードが表示されるためには、そのノードが[Network Topology]ページで選択したケーブル構成を使用している必要があります。
  • 同じモデルのコンピューティング ノードのネットワーク ケーブル構成は、コンピューティング クラスタ内で同じである必要があります。