手動で割り当てたIPアドレスを使用するNetApp Deployment Engineへのアクセス

すべてのNetApp HCIノードのBond1GインターフェイスおよびBond10Gインターフェイスに静的IPv4アドレスを手動で割り当て、NetApp Deployment EngineにアクセスしてNetApp HCIを導入することができます。ネットワークに特別な要件がない限り、この方法は使用しないでください。

開始する前に

注意:NetApp Deployment Engineを使用してシステムを導入する前に手動で割り当てるIPアドレスはすべて一時的なIPアドレスであり、再利用することはできません。IPアドレスを手動で割り当てる場合は、最終的な導入時に割り当て可能な、未使用かつ永続的なIPアドレスのセットをもう1つ確保しておく必要があります。
  • ハードウェアの設置とセットアップ』ドキュメントに記載されているタスクを完了しておきます(ユーザまたはネットワーク管理者が実行)。
  • NetApp HCIノードに物理的にアクセスできるようにしておきます。
  • すべてのNetApp HCIノードの電源をオンにしておきます。
  • NetApp HCIネットワークでDHCPが有効になっていないこと、およびNetApp HCIノードでDHCPサーバからIPアドレスを取得していないことを確認します。

タスク概要

この構成では、導入時、コンピューティング ノードとストレージ ノードが静的IPv4アドレスを使用して他のノードを検出して通信を確立します。この構成は推奨されません。

手順

  1. いずれかのNetApp HCIストレージ ノードの背面にKVMを接続します(このノードが制御用ストレージ ノードになります)。
  2. ユーザ インターフェイスでBond1GおよびBond10GのIPアドレス、サブネット マスク、ゲートウェイ アドレスを設定します。必要に応じて、各ネットワークのVLAN IDを設定することもできます。
  3. 残りのストレージ ノードおよびコンピューティング ノードについて、手順2を繰り返します。
  4. NetApp HCI管理ネットワークへのアクセスが可能なコンピュータでWebブラウザを開きます。
  5. 制御用ストレージ ノードに割り当てたBond1GのIPアドレスにアクセスします。次に例を示します。
    http://<Bond1G IP address>
    NetApp Deployment Engineのユーザ インターフェイスが表示されます。