ダーク サイトでのElementソフトウェアのアップグレード

ダーク サイトでNetApp Elementソフトウェアを更新するには、HealthToolsツールを使用する必要があります。

開始する前に

Elementソフトウェアをアップグレードする前に、アップグレードするElementバージョンのアップグレード パス情報を参照し、アップグレード パスが有効であることを確認してください。

手順

  1. NetApp HCIシステムの場合は、NetApp HCIのソフトウェア ダウンロード ページにアクセスします。スタンドアロンのSolidFireストレージ システムの場合は、Elementのソフトウェア ダウンロード ページにアクセスします。
  2. 該当するソフトウェア リリースを選択し、管理ノードではないコンピュータに最新のストレージ ノード イメージをダウンロードします。
  3. ネットアップ サポート サイトから管理ノードではないコンピュータにJSONファイルをダウンロードし、ファイル名をmetadata.jsonに変更します。
  4. 管理ノードのアクセス可能な場所(/tmpなど)にISOファイルをコピーします。
    この作業はSCPなどを使用して実行します。ISOファイルをアップロードする際には、ファイル名を変更しないようにしてください。変更されていると以降の手順が失敗します。
  5. sfupdate-healthtoolsコマンドを実行します。
    sfupdate-healthtools <path-to-healthtools-package>
  6. sfupdate-healthtools -vコマンドを実行してインストールされているバージョンを確認します。
    sfupdate-healthtools -v
  7. sfupdate-healthtools -lコマンドを実行して、最新バージョンとmetadata jsonファイルを照合します。
    sfupdate-healthtools -l --metadata=<path-to-metadata-json>
  8. sfupgradecheckコマンドを実行して、クラスタの準備が整っていることを確認します。
    sudo sfupgradecheck -u <cluster_username> -p <cluster_password> MVIP --metadata=<path-to-metadata-json>
  9. ISOファイルとmetadata jsonファイルへのパスを指定して、sfinstallコマンドを実行します。sfinstall -u <cluster_username> -p <cluster_password> <MVIP> <path-to-install-file-ISO> --metadata=<path-to-metadata-json-file>
    入力コマンドの例を次に示します。
    sfinstall -u admin -p admin 10.117.78.244  /tmp/solidfire-rtfi-11.3.0.345.iso --metadata=/tmp/metadata.json 
    注:(オプション)--stageフラグをsfinstallコマンドに追加すると、アップグレードを事前にステージングすることができます。ステージングの詳細については、Elementソフトウェアのアップグレードを参照してください。