NetApp Hybrid Cloud Controlを使用した管理サービスのアップグレード

NetApp Hybrid Cloud Controlを使用して、ネットアップの管理サービスを更新できます。管理サービス バンドルは、メジャー リリースに含まれていない機能や修正を提供します。

開始する前に

タスク概要

各バージョンのサービス バンドルで利用できるサービスについては、管理サービスのリリース ノートを参照してください。

手順

  1. Webブラウザを開き、管理ノードのIPアドレスにアクセスします。
    https://<ManagementNodeIP>
  2. ストレージ クラスタ管理者のクレデンシャルを指定してNetApp Hybrid Cloud Controlにログインします。
  3. インターフェイスの右上にある[Upgrade]をクリックします。
  4. [Upgrades]ページで、[Management Services]タブを選択します。
    [Management Services]タブには、管理サービス ソフトウェアの現在のバージョンと使用可能なバージョンが表示されます。
    注:インターネットにアクセスできない環境では、現在のソフトウェア バージョンのみ表示されます。
  5. 次のいずれかを実行します。
    オプション 説明
    インターネットにアクセスできる環境 管理サービスのアップグレードを利用できる場合は、[Begin Upgrade]をクリックします。
    インターネットにアクセスできない環境
    1. ページの指示に従って、管理サービスのアップグレード パッケージをダウンロードし、コンピュータに保存します。
    2. [Browse]をクリックして保存したパッケージを選択し、アップロードします。
    アップグレードが開始され、このページにアップグレードのステータスが表示されます。