構成オプションA:ケーブル2本でのコンピューティング ノードの構成

NetApp H300E、H500E、H700E、H410C、H610Cの各コンピューティング ノードを2本のネットワーク ケーブルを使用してすべてのNetApp HCIネットワークに接続します。この構成では、ストレージ、vMotion、および仮想マシンの各ネットワークでVLANタギングを使用する必要があります。すべてのコンピューティング ノードとストレージ ノードで同じVLAN ID方式を使用する必要があります。この構成では、VMware vSphere Enterprise Plusのライセンスが必要なvSphere Distributed Switchを使用します。

VLANの設定

ベストプラクティスとして、ノードが使用しているすべてのスイッチ ポート上に必要なネットワーク セグメントを構成することを推奨します。次に例を示します。

ネットワーク名 VLAN ID スイッチ ポート構成
管理 100 ネイティブ
ストレージ 105 タグ
vMotion 107 タグ
仮想マシン 200, 201 タグ

次の図は、ケーブル2本のH300E、H500E、H700E、H410Cの各コンピューティング ノードとケーブル4本のH300S、H500S、H700S、H410Sの各ストレージ ノードに推奨されるケーブル接続を示しています。この例のスイッチ ポートはすべて同じ構成です。


NetApp HCIネットワーク構成オプションA:H300E、H500E、H700E、H410C

スイッチ コマンドの例

NetApp HCIノードで使用するすべてのスイッチ ポートを構成する場合には次のコマンドを使用できます。このコマンドはCiscoの構成用ですが、少しの変更でMellanoxスイッチにも使用できます。この構成を実装するために必要なコマンドについては、スイッチのドキュメントを参照してください。インターフェイス名、説明、およびVLANを環境に応じた値に置き換えて使用してください。

interface {interface name, such as EthernetX/Y or GigabitEthernetX/Y/Z}
description {desired description, such as NetApp-HCI-NodeX-PortY}
mtu 9216
switchport mode trunk
switchport trunk native vlan 100
switchport trunk allowed vlan 105,107,200,201
spanning-tree port type edge trunk
注:一部のスイッチでは、VLANの許可リストにネイティブVLANを含める必要があります。使用しているスイッチ モデルおよびソフトウェア バージョンのドキュメントを参照してください。