VMware vSphereの設定

NetApp HCIは、VMware vSphereのvCenter ServerおよびESXiコンポーネントを使用します。vCenter Serverは、各コンピューティング ノードにインストールされているVMware ESXiハイパーバイザーを管理および監視するために使用されます。vSphereを新規にインストールして設定するか(NetApp Element Plug-in for vCenter Serverもインストールされます)、または既存のvSphere環境にHCIを追加して拡張することができます。

NetApp Deployment Engineを使用してvSphereを新規にインストールする場合は、次の点に注意してください。
注: vSphereのインベントリ設定がフォルダを使用してvCenterデータセンター内のNetApp HCIクラスタを格納している場合、NetApp HCIコンピューティング リソースの拡張などの一部の処理が失敗します。NetApp HCIクラスタがvSphere Web Clientインベントリ ツリーのデータセンターの直下にあり、フォルダに格納されていないことを確認してください。詳細については、ネットアップの技術情報アーティクルを参照してください。

新しいvCenter Serverをインストールする場合は、ネットワーク構成時にvSphere標準スイッチまたはvSphere Distributed Switch(VDS)をインストールできます。VDSを使用すると、NetApp HCIの導入後に仮想マシンのネットワーク構成をまとめて管理できるようになります。NetApp HCIのクラウド データ サービス機能にはVDSが必要です。クラウド データサービスではvSphere Standard Switchはサポートされません。