NetApp HCIの概要

NetApp HCIはストレージ リソースとコンピューティング リソースの両方を提供し、この2つを組み合わせてNetApp Elementソフトウェアの機能を基盤とするVMware vSphere環境を構築します。

NetApp HCIの導入が完了すると、VMware vSphere Web Clientでシステムを管理できるようになります。データストア、ボリューム、サービス品質(QoS)、ストレージ クラスタ コンポーネント、およびデータ保護などのストレージ リソースの管理には、NetApp Element Plug-in for vCenter Server(vCenter Plug-inまたはVCPとも呼ばれる)を使用します。コンピューティング ノードはESXiホストとして表示され、vSphereで管理できます。

NetApp HCIのイベントと障害は、vSphereでシステム アラームとして報告されます。コンピューティング ノードを監視する管理ノードは、導入後にクラスタ内の仮想マシンとして表示されます。ストレージとコンピューティングの監視データはすべてNetApp Active IQで収集することができます。NetApp Active IQは、NetApp HCIシステムをリアルタイムで監視します。