クレデンシャルを使用したクラスタのペアリング

一方のクラスタのMVIPを使用してもう一方のクラスタとの接続を確立することにより、リアルタイム レプリケーション用に2つのクラスタをペアリングできます。この方法を使用するには、両方のクラスタに対するクラスタ管理者アクセスが必要です。

タスク概要

クラスタをペアリングする前に、クラスタ管理者のユーザ名とパスワードを使用してクラスタ アクセスを認証します。MVIPがわからない場合やクラスタへのアクセスが許可されていない場合は、ペアリング キーを生成し、そのキーを使用して2つのクラスタをペアリングできます。詳細については、ペアリング キーを使用したクラスタのペアリングに関するプラグインのドキュメントを参照してください。

手順

  1. ローカル クラスタを含むvCenterから、[NetApp Element Management] > [Protection]を選択します。
    注:複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーション バーで選択されていることを確認してください。
  2. [Cluster Pairs]サブタブをクリックします。
  3. [Start Cluster Pairing]をクリックします。
  4. [Start Cluster Pairing]ダイアログ ボックスで、以下のいずれかを選択します。
    • Registered Cluster:この方法は、ペアリングするリモート クラスタがNetApp Element Plug-in for vCenter Serverで制御されている場合に選択します。
    • Credentialed Cluster:この方法は、リモート クラスタにNetApp Element Plug-in for vCenter Serverの外部で設定された既知のクレデンシャルがある場合に選択します。
  5. [Registered Cluster]を選択した場合は、使用可能なクラスタのリストからクラスタを選択して[Pair]をクリックします。
  6. [Credentialed Cluster]を選択した場合は、次の手順を実行します。
    1. リモート クラスタのMVIPアドレスを入力します。
    2. クラスタ管理者のユーザ名を入力します。
    3. クラスタ管理者のパスワードを入力します。
    4. [Start Pairing]をクリックします。
  7. タスクが完了して[Cluster Pairs]ページに戻ったら、クラスタ ペアが接続されていることを確認します。
  8. オプション: リモート クラスタで、[NetApp Element Management] > [Protection] > [Cluster Pairs]を選択するかElement Web UIを使用して、クラスタ ペアが接続されていることを確認します。