QoSSIOC自動化の有効化

NetApp Element Management拡張ポイントを使用して、QoSSIOCの自動化を有効にし、仮想マシン ディスク(VMDK)のパフォーマンス レベルをカスタマイズすることができます。

開始する前に

NetApp Element Configuration拡張ポイントの[mNode Settings]ページでQoSSIOCサービスを設定しておきます。
注:QoSポリシーを使用する場合は、QoSSIOCを有効にしないでください。QoSSIOCはボリュームのQoS設定よりも優先されます。

手順

  1. [NetApp Element Management] > [Management]を選択します。
    注:複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーション バーで選択されていることを確認してください。
  2. 選択したデータストアの[QoSSIOC Automation]列のステータス ボタンをクリックします。
    ヒント:QoSの想定外の変更を防止するため、別のvCenterでは同じデータストアのQoSSIOC統合を有効にしないでください。
  3. [Enable QoS & SIOC]を選択します。
  4. [Burst Factor]を設定します。
    注:バースト係数は、VMDKのIOPS制限(SIOC)設定に掛ける係数です。デフォルト値を変更する場合は、すべてのVMDKについて、IOPS制限にこの係数を掛けてもNetApp Elementソフトウェアベースのボリュームの最大バースト制限を超えない値を指定してください。
  5. オプション: [Override Default QoS]を選択し、値を設定します。
    注:データストアに対して[Override Default QoS]設定を無効にした場合、[Shares]および[Limit IOPS]の値は各VMのデフォルトのSIOC設定に基づいて自動的に設定されます。
    ヒント:SIOCシェア制限をカスタマイズするときは、SIOC IOPS制限も必ずカスタマイズしてください。
  6. [OK]をクリックします。
    注:データストアに対してQoSSIOC自動化を有効にすると、ボタンが[Disabled]から[Enabled]に変わります。