ボリューム ペアの編集

ボリューム ペアのプロパティを編集して、ボリューム ペア関係のレプリケーション モードを変更したり、レプリケーションを手動で一時停止したりできます。

手順

  1. [NetApp Element Management] > [Protection]を選択します。
    注:複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーション バーで選択されていることを確認してください。
  2. [Volume Pairs]サブタブをクリックします。
  3. 編集するボリューム ペアのチェック ボックスを選択します。
  4. [Actions]をクリックします。
  5. 表示されたメニューで[Edit]を選択します。
  6. [Edit Volume Pair]ペインで、次のいずれかを実行します。
    注意:ボリューム レプリケーションを手動で一時停止または再開すると、データの転送が中止または再開されます。レプリケーション モードの変更はすぐに反映されます。これらの変更が両方のサイトで調整されていることを確認してください。
    • 新しいレプリケーション モードを選択します。
      • Real-time (Synchronous):書き込みはソース クラスタとターゲット クラスタの両方でコミットされたあとにクライアントに通知されます。
      • Real-time (Asynchronous):書き込みはソース クラスタでコミットされたあとにクライアントに通知されます。
      • Snapshots Only:ソース クラスタで作成されたSnapshotだけがレプリケートされます。ソース ボリュームのアクティブな書き込みはレプリケートされません。
    • レプリケーション プロセスを手動で一時停止または開始します。
  7. [Save Changes]をクリックします。