QoSSIOC自動化

NetApp Element Plug-in for vCenter Serverでは、オプションで、データストア上のすべてのVMのStorage I/O Control(SIOC)設定に基づいてQoSを自動で設定することができます。

QoSとSIOCの統合(QoSSIOC)は、ユーザ インターフェイスでデータストアに対して有効にすることができます。有効にすると、関連するすべてのVMのすべてのSIOC設定がスキャンされます。QoSSIOC自動化は、VMの電源、ゲスト、および再設定のアクティビティによってトリガーされます。QoSSIOCサービスは、SIOCのすべてのリザベーション(シェア)の合計とIOPS制限の合計に基づいて、各データストアの基盤となるボリュームの最小QoSと最大QoSを決定します。また、バースト係数も設定できます。

データストアのQoSSIOC設定時には次のダイアログ ボックスが表示されます。


表示されるQoSSIOCのダイアログ ボックス
Enable QoS & SIOC

データストア上の各VMDKのSIOC値の自動監視を有効にし、その値に従って基盤となるボリュームのQoS値を設定します。

Burst Factor

各VDMKのSIOC IOPS制限値の合計に対する乗数です。この係数に基づいて、基盤となるボリュームに許容されるバーストIOPSが決まります。

Override Default QoS
オンにすると[Shares]と[Limit IOPS]を指定できるようになります。これらの値は、各VMのSIOC設定がデフォルトに設定されている場合に使用できます。
Shares
SIOC設定がデフォルトに設定されている場合に使用される各VDMKの最小IOPSです。
Limit IOPS
SIOC設定がデフォルトに設定されている場合に使用される各VDMKの最大IOPSです。
VMDKのSIOC設定がデフォルトの設定(シェア レベルが[Normal]、IOPS制限が[Unlimited])の場合、[Shares]と[Limit IOPS]の値が基盤となるボリューム全体のQoSに加算されます。VMDKのSIOC設定がデフォルト レベルでない場合は、SIOCのシェアが基盤となるボリュームの最小QoSに、IOPS制限値が最大QoSに加算されます。
注:リザベーション値はvSphere APIでは設定できません。VMDKに対してリザベーション値が設定されている場合、シェアは無視され、代わりにリザベーション値が使用されます。