ボリュームのペアリング

クラスタ ペアのクラスタ間の接続を確立したら、一方のクラスタのボリュームをもう一方のクラスタのボリュームとペアリングできます。両方のクラスタのクレデンシャルがわかっている場合は、それらを使用してボリュームをペアリングできます。ソース クラスタのクレデンシャルしかわからない場合は、ペアリング キーを使用してボリュームをペアリングできます。両方のクラスタのクレデンシャルを把握している場合は、リモート クラスタにレプリケーション ターゲット ボリュームを作成してソース クラスタとペアリングすることもできます。ボリューム ペアリング関係を確立したら、どちらのボリュームをレプリケーション ターゲットにするかを指定する必要があります。

開始する前に