Snapshotスケジュールの編集

既存のSnapshotスケジュールを変更できます。変更後、次回のスケジュール実行時に更新された設定が使用されます。元のスケジュールで作成されたSnapshotはストレージ システムに保持されます。

手順

  1. [NetApp Element Management] > [Protection]を選択します。
    注:複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーション バーで選択されていることを確認してください。
  2. [Schedules]サブタブをクリックします。
  3. 編集するSnapshotスケジュールのチェック ボックスを選択します。
  4. [Actions]をクリックします。
  5. 表示されたメニューで[Edit]を選択します。
  6. [Volume IDs CSV]フィールドで、現在Snapshot処理の対象となっているボリュームID、または複数のボリュームIDをカンマで区切ったリストを変更します。
  7. オプション: アクティブなスケジュールを一時停止したり、一時停止したスケジュールを再開したりするには、[Manually Pause Schedule]チェック ボックスを選択します。
  8. 必要に応じて、[New Schedule Name]フィールドに別のスケジュール名を入力します。
  9. 必要に応じて、現在のスケジュール タイプを次のいずれかに変更します。
    1. Days of Week:Snapshotを作成する曜日(複数選択可)と時刻を選択します。
    2. Days of Month:Snapshotを作成する日にち(複数選択可)と時刻を選択します。
    3. Time Interval:Snapshotを作成する間隔(日数、時間、分)を選択します。
  10. オプション: Snapshotスケジュールを無期限に繰り返すには、[Recurrent Schedule]を選択します。
  11. オプション: [New Snapshot Name]フィールドで、スケジュールの定義対象とするSnapshotの名前を入力または変更します。
    注:このフィールドを空白のままにすると、Snapshotの作成日時が名前として使用されます。
  12. オプション: 親ボリュームがペアリングされている場合にレプリケーションにSnapshotも含まれるようにするには、[Include snapshots in replication when paired]チェック ボックスを選択します。
  13. オプション: Snapshotの保持期間として次のいずれかを選択します。
    • Keep forever:Snapshotをシステム上に無期限に保持します。
    • Set retention period:Snapshotをシステム上に保持する期間(日数、時間、または分)を設定します。
      注:保持期間には、(Snapshotの作成時間からではなく)現在の時刻からの期間を指定します。
  14. [OK]をクリックします。