クラスタのペアリング

リアルタイム レプリケーション機能を使用するには、最初に2つのクラスタをペアリングする必要があります。2つのクラスタをペアリングして接続したあと、一方のクラスタのアクティブなボリュームをもう一方のクラスタに継続的にレプリケートするように設定することで継続的なデータ保護(CDP)を実現できます。両方のクラスタにクラスタ管理者としてアクセスできる場合は、ターゲット クラスタのMVIPを使用してソースとターゲットのクラスタをペアリングできます。クラスタ ペアの一方のクラスタにしかクラスタ管理者としてアクセスできない場合は、ターゲット クラスタでペアリング キーを使用してクラスタをペアリングします。

開始する前に

注:クラスタをペアリングするには、管理ネットワーク上のノードどうしが完全に接続されている必要があります。レプリケーションを実行するには、ストレージ クラスタ ネットワーク上の個々のノードが接続されている必要があります。

タスク概要

ボリュームのレプリケーション用に、1つのNetApp Elementクラスタを最大4つの他のクラスタとペアリングすることができます。同じクラスタ グループに含まれるクラスタどうしをペアリングすることもできます。