管理ノード10.xからバージョン11.xへの移行

管理ノードのバージョンが10.xの場合、10.xから11.xにアップグレードすることはできません。代わりに、ここに記載する移行手順を使用して、新しく導入した11.1の管理ノードに10.xから設定をコピーします。現在の管理ノードが11.0以降の場合は、この手順は省略してください。Elementソフトウェアを10.3以降から11.xにアップグレードするには、管理ノード11.0または11.1と最新のHealthToolsが必要です。

手順

  1. VMware vSphereインターフェイスで、管理ノード11.1 OVAを導入し、電源を投入します。
  2. 管理ノードのVMコンソールを開きます。ターミナル ユーザ インターフェイス(TUI)が起動します。TUIを使用して新しい管理者のIDを作成し、パスワードを割り当てます。
  3. 管理ノードのTUIで、新しいIDとパスワードを使用して管理ノードにログインし、動作を確認します。
  4. vCenterまたは管理ノードのTUIで、管理ノード11.1のIPアドレスを取得し、ポート9443でこのIPアドレスにアクセスして管理ノードUIを開きます。
    https://<mNode 11.1 IP address>:9443
  5. vSphereで、[NetApp Element Configuration] > [mNode Settings]を選択します。旧バージョンの場合、最初のメニューは[NetApp SolidFire Configuration]です。
  6. [Actions] > [Clear]をクリックします。
  7. 確認のために[Yes]をクリックします。[mNode Status]フィールドに[Not Configured]と表示されることを確認します。
    注:[mNode Settings]タブに初めてアクセスした場合、[mNode Status]フィールドに[UP]ではなく[Not Configured]と表示され、[Actions] > [Clear]を選択できないことがあります。ブラウザの表示を更新すると、 [mNode Status]フィールドの表示は[UP]に変わります。
  8. vSphereからログアウトします。
  9. Webブラウザで、管理ノードの登録ユーティリティ(https://<mNode 11.1 IP address>:9443)を開き、[QoSSIOC Service Management]を選択します。
  10. QoSSIOCの新しいパスワードを設定します。
    注:デフォルトのパスワードはsolidfireです。新しいパスワードを設定するには、このパスワードが必要です。
  11. [vCenter Plug-in Registration]タブをクリックします。
  12. [Update Plug-in]を選択します。
  13. 必要な値を入力します。作業が終了したら、[UPDATE]をクリックします。
  14. vSphereにログインし、[NetApp Element Configuration] > [mNode Settings]を選択します。
  15. [Actions] > [Configure]をクリックします。
  16. 管理ノードのIPアドレス、ユーザID(ユーザ名はadmin)と登録ユーティリティの[QoSSIOC Service Management]タブで設定したパスワード、およびvCenterのユーザIDとパスワードを入力します。
    vSphereで、[mNode Settings]タブの[mNode Status][UP]と表示され、管理ノード11.1がvCenterに登録されたことを確認します。
  17. 管理ノードの登録ユーティリティ(https://<mNode 11.1 IP address>:9443)で、[QoSSIOC Service Management]からSIOCサービスを再起動します。
  18. 1分間待ってから、[NetApp Element Configuration] > [mNode Settings]タブを確認します。[mNode Status][UP]と表示されていることを確認してください。
    ステータスが[DOWN]の場合は、/sf/packages/sioc/app.propertiesに対する権限を確認します。ファイル所有者に読み取り、書き込み、および実行の権限が必要です。正しい権限は-rwx------です。
  19. SIOCプロセスが開始され、[mNode Status][UP]と表示されることを確認したら、管理ノードでsf-hci-nmaサービスのログを確認します。エラー メッセージが記録されていないことを確認してください。
  20. (管理ノード11.1の場合のみ)root権限で管理ノード バージョン11.1にSSH接続し、次のコマンドを使用してNMAサービスを開始します。
    # systemctl enable /sf/packages/nma/systemd/sf-hci-nma.service
    # systemctl start sf-hci-nma
  21. vCenterから、ドライブの削除、ドライブの追加、またはノードのリブートを実行します。これにより、ストレージ アラートがトリガーされてvCenterで報告されます。アラートが生成されれば、NMAシステム アラートは想定どおりに機能しています。
  22. ONTAP SelectがvCenterに設定されている場合は、前の管理ノードの.ots.propertiesファイルをバージョン11.1の/sf/packages/nma/conf/.ots.propertiesファイルにコピーしてNMAでONTAP Selectアラートを設定し、systemctl restart sf-hci-nmaコマンドを使用してNMAサービスを再起動します。
  23. journalctl -f | grep -i otsコマンドを使用してログを表示し、ONTAP Selectが動作していることを確認します。
  24. 次の手順でAIQを設定します。
    1. 管理ノード バージョン11.1にSSH接続し、/sf/packages/collectorディレクトリに移動します。
    2. 次のコマンドを実行します。
      sudo ./manage-collector.py --set-username netapp --set-password --set-mvip <MVIP>
    3. プロンプトが表示されたら、管理ノードUIのパスワードを入力します。
    4. 次のコマンドを実行します。
      ./manage-collector.py --get-all
      sudo systemctl restart sfcollector
    5. sfcollectorログで動作していることを確認します。
  25. vSphereで、[NetApp Element Configuration] > [mNode Settings]タブの[mNode Status][UP]と表示されることを確認します。
  26. NMAからシステム アラートとONTAP Selectアラートが報告されていることを確認します。
  27. すべての動作が想定どおりであることを確認したら、管理ノード10.xのVMをシャットダウンして削除します。