ボリュームの編集

QoS値、ボリュームのサイズ、バイト値の算出単位など、ボリュームの属性を変更できます。アクセス レベルおよびボリュームにアクセスできるアカウントを変更することもできます。レプリケーションで使用するため、またはボリュームへのアクセスを制限するために、アカウント アクセスを変更することもできます。

タスク概要

管理ノードに永続ボリュームを使用している場合は、永続ボリュームの名前を変更しないでください。

手順

  1. NetApp Element Management > Managementの順に選択します。
    注: 複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーション バーで選択されていることを確認してください。
  2. Volumesサブタブをクリックします。
  3. Activeビューから、編集するボリュームのチェックボックスをオンにします。
  4. Actionsをクリックします。
  5. 表示されるメニューでEdit、をクリックします。
  6. オプション: Volume Sizeこのフィールドに、 GB または GiB 単位で別のボリュームサイズを入力します。
    注: ボリュームのサイズは、増やすことはできますが、減らすことはできません。レプリケーション用にボリューム サイズを調整するときは、レプリケーション ターゲットとして割り当てられているボリュームのサイズを先に拡張する必要があります。次に、ソース ボリュームのサイズを変更します。ターゲット ボリュームのサイズは、ソース ボリュームと同じかそれ以上にすることはできますが、ソース ボリュームより小さくすることはできません。
  7. オプション: 別のユーザ アカウントを選択します。
  8. オプション: 別のアカウント アクセス レベルを選択します。次のいずれかを選択できます。
    • Read/Write
    • Read Only
    • Locked
    • Replication Target
  9. Quality of Service「」領域で、次のいずれかの操作を行います。
    • 既存Policyの QoS ポリシーがある場合は、そのポリシーを選択します。
    • Custom Settings、 IOPS のカスタマイズされた最小値、最大値、およびバースト値を設定するか、デフォルトの QoS 値を使用します。
    ベストプラクティス: IOPSの値を変更する場合は、10または100の単位で増分します。また、有効な整数を入力する必要があります。

    ボリュームのバースト値はできるだけ高くします。バースト値を非常に高く設定することで、たまに発生する大規模ブロックのシーケンシャル ワークロードを迅速に処理できる一方で、平常時のIOPSは引き続き抑制することができます。

    注意:
    • QoS ポリシーは、データベース、アプリケーション、またはインフラサーバがリブートすることはほとんどなく、ストレージへのアクセスが常に同じである必要がある場合など、サービス環境に最適です。カスタム QoSIOC 自動化は、仮想デスクトップや専用のキオスクタイプの VM など、日常的または数回の再起動、電源投入、または電源オフを行うことが可能な軽用途の VM に最適です。QoSIOC 自動化ポリシーと QoS ポリシーは一緒に使用しないでください。
    • データストアのQoSSIOC設定を有効にすると、ボリューム レベルのQoS設定よりも優先されます。
    • 最大IOPSまたはバーストIOPSの値が20,000 IOPSを超える場合、単一のボリュームでこのレベルのIOPSを実現するには、キュー深度を深くするか、複数のセッションが必要になる場合があります。
  10. OKをクリックします。