ボリューム ペアの詳細

NetApp Element Management拡張ポイントの[Protection]タブにある[Volume Pairs]ページで、ペアリング済み、またはペアリング中のボリュームに関する情報を確認できます。

[Volume Status]列に、ペアリングおよび進捗に関するメッセージが表示されます。

Local Volume ID
システムによって生成されたボリュームのID。
Local Volume Name
ボリュームの作成時に指定した名前。ボリューム名は最大223文字で、使用できる文字はa~z、0~9、およびダッシュ(-)です。
Account
ボリュームに割り当てられているアカウントの名前。
Volume Replication status
ボリュームのレプリケーション ステータス。
Snapshot Replication status
Snapshotボリュームのレプリケーション ステータス。
Mode
クライアントの書き込みレプリケーション方法を示します。有効な値は次のとおりです。
  • Asynchronous
  • Snapshot-Only
  • Synchronous
Local Volume Access
ボリューム ペアリングのローカル側のアクセス モード。
Direction
ボリューム データの方向を示します。
  • 右向きの矢印アイコンは、クラスタの外部のターゲットにデータを書き出していることを示します。
  • 左向きの矢印アイコンは、外部のソースからローカル ボリュームにデータが書き込まれていることを示します。
Remote Cluster
ボリュームが配置されているリモート クラスタの名前。
Remote Volume ID
リモート クラスタのボリュームのボリュームID。
Remote Volume Name
リモート ボリュームの作成時に指定した名前。