QoSIOC の設定

NetAppQoSSIOC Settings Element Configuration 拡張ポイントのタブでは、 vCenter の Storage I/O Control Settings ( SIOC )に基づいて QoS ( Element Storage QoS )に使用される QoSIOC 設定を構成できます。これらのクレデンシャルは、管理ノードの QoSSIOC サービスが vCenter と通信するために必要です。QoSIOC サービスは、 vCenter でデータストアの VM アクティビティを監視します。クレデンシャルを設定したら、これらの設定を編集してクレデンシャルを更新したり、新しい管理ノードの設定をクリアしたりできます。

QoSIOCElement は、パワーオンイベントやパワーオフイベント、ゲストの再起動やシャットダウン、再構成アクティビティなどの仮想マシンイベントが発生したときに、標準要素ボリュームの QoS 値を調整します。QoSIOC はオプションの機能であり、プラグインでストレージクラスタを管理するために必要な機能ではありません。

QoSIOC は、標準データストアでのみ使用できます。仮想ボリューム( VVol )では機能しません。

注: ページQoSSIOC Settingsを使用して、仮想ボリューム( VVol )機能を有効にしたり、 VVol を vSphere で使用できるようにしたりすることはできません。詳細については、 vCenter Server 用の Element プラグインのマニュアルで、 VVol 機能の設定についての説明を参照してください。

リンクモードの場合、 vCenter Server 用の NetApp Element プラグインは、単一の vCenter Server で指定した QoSIOC 設定を使用して、すべての vCenter Server を登録します。

QoSSIOC Status[ 設定 ] ページのフィールドには、次の値が表示されます。