個々の仮想ボリュームの詳細

NetApp Element Management拡張ポイントの[VVols]タブにある[Virtual Volumes]ページでは、個々の仮想ボリュームを選択してその詳細を表示し、仮想ボリューム情報を確認できます。

[General Details]セクションには次の情報が表示されます。

Name
仮想ボリュームに割り当てられている名前。
Volume ID
基盤となるボリュームのID。
Virtual Volume ID
仮想ボリュームのUUID。
Virtual Volume Type
仮想ボリュームのタイプ(Config、Data、Memory、Swap、またはOther)。
Status
VVolタスクのステータス。
Storage Container
仮想ボリュームを所有するストレージ コンテナのUUID。
Size
ボリュームのサイズ(GBまたはGiB)。
Access
仮想ボリュームに割り当てられている読み取り / 書き込み権限。

[Efficiency]セクションには次の情報が表示されます。

Compression
ボリュームの圧縮による削減率。
Deduplication
ボリュームの重複排除による削減率。
Thin Provisioning
ボリュームのシンプロビジョニングによる削減率。
Last Updated
前回の削減率更新日時。

[Performance]セクションには、次の詳細が表示されます。

Account ID
関連付けられているアカウントの一意のアカウントID。
Actual IOPS
過去500ミリ秒の、ボリュームに対する実際のIOPS。
Async Delay
ボリュームが最後にリモート クラスタと同期されてからの時間。
Average IOP Size
過去500ミリ秒の、ボリュームに対する最新のI/Oの平均サイズ(バイト)。
Burst IOPS Size
ユーザが利用可能なIOPクレジットの合計数。ボリュームが最大IOPSに到達していない場合、クレジットは蓄積されます。
Client Queue Depth
ボリュームに対する未処理の読み取りおよび書き込み処理の数。
Last Updated
前回のパフォーマンス更新日時。
Latency USec
過去500ミリ秒の、ボリュームに対する処理が完了するまでの平均時間(マイクロ秒)。値「0」(ゼロ)はボリュームに対するI/Oがなかったことを意味します。
Non-Zero Blocks
前回のガベージ コレクション完了後、データが含まれる4KiBブロックの総数。
Performance Utilization
消費されているクラスタIOPSの割合。たとえば、25万IOPSのクラスタが10万IOPSで実行されている場合、消費率は40%です。
Read Bytes
ボリュームの作成以降にボリュームから読み込んだ累積バイト総数。
Read Latency USec
過去500ミリ秒の、ボリュームに対する読み取り処理が完了するまでの平均時間(マイクロ秒)。
Read Operations
ボリューム作成以降にボリュームに対して行った読み取り処理の合計数。
Thin Provisioning
ボリュームのシンプロビジョニングによる削減率。
Throttle
0~1の浮動小数点数。データの再レプリケーション、一時的なエラー、Snapshotの作成のために、クライアントの処理量をmaxIOPS未満に抑えている割合。
Total Latency USec
ボリュームに対する読み取りおよび書き込み処理が完了するまでの時間(マイクロ秒)。
Unaligned Reads
512eボリュームの場合、4kセクターの境界に沿っていない読み取り処理の数。アラインされていない読み取りが多数ある場合は、パーティションのアライメントが適切でない可能性があります。
Unaligned Writes
512eボリュームの場合、4kセクターの境界に沿っていない書き込み処理の数。アラインしていない書き込みが多数ある場合は、パーティションのアライメントが適切でない可能性があります。
Volume ID
システムによって生成されたボリュームのID。
Volume Size
ボリュームのサイズ(バイト)。
Volume Utilization
クライアントによるボリュームの使用率を示すパーセンテージ。

有効な値は次のとおりです。

  • 0:クライアントはボリュームを使用していません。
  • 100:クライアントは最大値まで使用しています。
  • >100:クライアントはバースト値を使用しています。
Write Bytes
ボリュームの作成以降にボリュームに書き込まれた累積バイト総数。
Write Latency USec
過去500ミリ秒の、ボリュームに対する書き込み処理が完了するまでの平均時間(マイクロ秒)。
Write Operations
ボリュームの作成以降にボリュームに対して行った書き込み処理の累積総数。
Zero Blocks
前回のガベージ コレクション完了後、データが含まれない4KiBブロックの総数。
Used Capacity
使用済み容量の割合。

[Quality of Service]セクションには、次の詳細が表示されます。

I/O Size
IOPSのサイズ(KB)。
Min IOPS
クラスタがボリュームに提供する平常時の最小IOPS。ボリュームに設定されたMin IOPSは、そのボリュームに対して最低限保証されるパフォーマンス レベルです。パフォーマンスがこのレベルを下回ることはありません。
Max IOPS
クラスタがボリュームに提供する平常時の最大IOPS。クラスタのIOPSレベルが非常に高い場合も、IOPSパフォーマンスはこのレベル以下に抑えられます。
Burst IOPS
短時間のバースト時に許容される最大IOPS。ボリュームがMax IOPS未満で動作している間は、バースト クレジットが蓄積されます。パフォーマンス レベルが非常に高くなって最大レベルに達した場合、ボリュームでIOPSの短時間のバーストが許容されます。
Max Bandwidth
ブロック サイズの増加に対応するために使用が許可される最大帯域幅。

[Virtual Machine]セクションには、次の詳細が表示されます。

Virtual Machine ID
仮想マシンのUUID。
VM Name
仮想マシンの名前。
Guest OS Type
仮想ボリュームに関連付けられたオペレーティング システム。
Virtual Volumes
仮想ボリュームのUUIDおよびVM名のリスト。

[Bindings]セクションには次の見出しがあります。

Host
仮想ボリュームをホストしていて、クラスタが認識しているESXiホストのUUID。
Protocol Endpoint ID
クラスタ内の各ノードに対応するプロトコル エンドポイントID。
PE Type
プロトコル エンドポイントのタイプ(NetApp Elementソフトウェアで使用可能なプロトコルはSCSIのみです)。

[Tasks]セクションには、次の詳細が表示されます。

Operation
タスクが実行している処理のタイプ。

値は次のとおりです。

  • unknown:不明なタスク処理です。
  • prepare:タスクは仮想ボリュームを準備中です。
  • snapshot:タスクは仮想ボリュームのSnapshotの作成中です。
  • rollback:タスクは仮想ボリュームをSnapshotにロールバック中です。
  • clone:タスクは仮想ボリュームのクローンを作成中です。
  • fastClone:タスクは仮想ボリュームの高速クローンを作成中です。
  • copyDiffs:タスクは仮想ボリュームに異なるブロックをコピー中です。
Status
仮想ボリューム タスクの現在のステータス。

値は次のとおりです。

  • Error:タスクは失敗し、エラーが返されました。
  • Queued:タスクは実行待ちです。
  • Running:タスクは現在実行中です。
  • Success:タスクは正常に完了しました。
Task ID
タスクの一意のID。