OpenStack Swiftオブジェクト ストア上のバックアップからのボリュームのリストア

プラグインを使用して、OpenStack Swiftオブジェクト ストア上のバックアップからボリュームをリストアできます。

手順

  1. [NetApp Element Management] > [Reporting]を選択します。
    注: 複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーション バーで選択されていることを確認してください。
  2. [Event Log]サブタブをクリックします。
  3. リストアする必要のあるバックアップを作成したバックアップ イベントを選択します。
  4. イベントの[Details]ボタンをクリックします。
  5. 表示されたメニューで[View Details]をクリックします。
  6. マニフェスト情報をクリップボードにコピーします。
  7. [Management] > [Volumes]の順にクリックします。
  8. [Active]ビューで、リストアするボリュームのチェック ボックスを選択します。
  9. [Actions]をクリックします。
  10. 表示されたメニューで[Restore from]をクリックします。
  11. [Restore Volume]ダイアログ ボックスの[Restore from]で、[OpenStack Swift]を選択します。
  12. [with the following data format]でオプションを選択します。
    • NativeNetApp Elementソフトウェアベースのストレージ システムのみが読み取り可能な圧縮形式。
    • Uncompressed:他のシステムと互換性がある非圧縮形式。
  13. [URL]フィールドにオブジェクト ストアへのアクセスに使用するURLを入力します。
  14. [User name]フィールドにアカウントのユーザ名を入力します。
  15. [Authentication key]フィールドにアカウントの認証キーを入力します。
  16. [Container]フィールドにバックアップが格納されているコンテナの名前を入力します。
  17. [Manifest]フィールドにマニフェスト情報を貼り付けます。
  18. [OK]をクリックします。