QoSIOC 設定の編集

ElementNetApp Element Configurationネットアップ 拡張Elementポイントを使用して、アクティブな Element Management ノードの QoSIOC クレデンシャルと vCenter クレデンシャルを変更できます。

手順

  1. NetApp Element Configuration > QoSSIOC Settingsの順に選択します。
  2. Actionsをクリックします。
  3. 表示されるメニューでEdit、を選択します。
  4. Edit QoSSIOC Settingsダイアログボックスで、次のいずれかを変更します。
    • QoSSIOC User ID: QoSIOC サービスのユーザ ID 。QoSSIOC サービスのデフォルトのユーザ ID は admin です。ネットアップ HCIの場合、ネットアップ Deployment Engineを使用したインストールで入力されるユーザIDと同じです。
    • QoSSIOC Password:エレメント qossIOC サービスのパスワード。QoSSIOCサービスのデフォルトのパスワードはsolidfireです。カスタム パスワードを作成していない場合は、登録画面(https://[management node IP]:9443からパスワードを作成できます。
      注: NetApp HCI の導入では、デフォルトのパスワードはインストール時にランダムに生成されます。パスワードを確認するには、「関連情報」の「サポート技術情報」のリンクにある手順 4 を参照してください。
    • vCenter User ID:フル管理者ロール権限を持つ vCenter 管理者のユーザ名。
    • vCenter Password:フル管理者ロール権限を持つ vCenter 管理者のパスワード。
  5. OKをクリックします。
    QoSSIOC Statusこのフィールドは、プラグインがサービスと正常に通信できる場合に表示されます。
    注: 管理ノードの有効な QoSIOC 設定を構成すると、これらの設定がデフォルトになります。新しい管理ノードに有効な QoSIOC 設定を指定するまで、 QoSIOC 設定は最後に認識されていた有効な QoSIOC 設定に戻ります。新しい管理ノードの QoSIOC クレデンシャルを設定する前に、設定した管理ノードの QoSIOC 設定をクリアする必要があります。