QoSポリシー

標準的なサービス品質設定をQoSポリシーとして作成および保存して、複数のボリュームに適用することができます。QoSポリシーは作成、編集、および削除できます。

QoS ポリシーは、データベース、アプリケーション、またはインフラサーバがリブートすることはほとんどなく、ストレージへのアクセスが常に同じである必要がある場合など、サービス環境に最適です。QoSIOC 自動化は、仮想デスクトップや専用のキオスクタイプの VM など、日常的または数回の再起動、電源投入、または電源オフが可能な軽用途の VM に最適です。QoSIOC 自動化ポリシーと QoS ポリシーは一緒に使用しないでください。QoSポリシーを使用する場合は、QoSSIOCを有効にしないでください。QoSIOC は、ボリューム QoS 設定の QoS 値を上書きして調整します。

QoS ポリシーはManagement > QoS PoliciesネットアップElement Management 拡張ポイントからページに表示できます。

注: QoSポリシーを使用するには、Element 10.0以降のクラスタを選択する必要があります。10.0より前のクラスタではQoSポリシーを使用できません。