ボリューム ペアリングに関する警告

NetApp Element Management拡張ポイントの[Protection]タブにある[Volume Pairs]ページで、ボリュームをペアリングしたあとに表示される警告メッセージを確認できます。メッセージは[Volume Status]列に表示され、ペアリングのソースとターゲットの両方で表示することができます。

特に記載がないかぎり、これらのメッセージはペアリングのソースとターゲットの両方に表示されます。

PausedClusterFull
ターゲット クラスタがいっぱいのため、ソース レプリケーションと一括データ転送を続行できません。このメッセージは、ペアのソースにのみ表示されます。
PausedExceededMaxSnapshotCount
ターゲット ボリュームに格納されたSnapshotの数が最大数に達しており、Snapshotをこれ以上レプリケートできません。
PausedManual
ローカル ボリュームが手動で一時停止されています。レプリケーションを再開するには、一時停止を解除する必要があります。
PausedManualRemote
リモート ボリュームが手動で一時停止されています。レプリケーションを再開するには、リモート ボリュームの一時停止を手動で解除する必要があります。
PausedMisconfigured
ソースとターゲットがアクティブになるのを待っています。手動でレプリケーションを再開する必要があります。
PausedQoS
ターゲットQoSの受信IOを維持できませんでした。レプリケーションは自動で再開されます。このメッセージは、ペアのソースにのみ表示されます。
PausedSlowLink
低速リンクが検出されたため、レプリケーションが停止しました。レプリケーションは自動で再開されます。このメッセージは、ペアのソースにのみ表示されます。
PausedVolumeSizeMismatch
ソース ボリュームよりも小さいターゲット ボリュームが使用されています。
PausedXCopy
ソース ボリュームに対してSCSI XCOPYコマンドを実行中です。このコマンドが完了するまでレプリケーションを再開できません。このメッセージは、ペアのソースにのみ表示されます。
StoppedMisconfigured
永続的な設定エラーが検出されました。リモート ボリュームがパージされたかペアが解除されました。対処方法はなく、新しいペアリングを確立する必要があります。