ボリュームの削除

ネットアップ Element Management拡張ポイントを使用して、ネットアップ Elementクラスタから1つ以上のボリュームを削除できます。

タスク概要

削除したボリュームはすぐにパージされるわけではありません。ボリュームを削除したあと約8時間はリストア可能です。システムがボリュームをパージする前にボリュームをリストアするDeletedManagement > Volumesことも、のビューからボリュームを手動でパージすることもできます。ボリュームをリストアすると、そのボリュームがオンラインに戻り、iSCSI接続を再確立できます。

注意: 管理サービスに関連付けられた永続ボリュームは、インストール時またはアップグレード時に作成され、新しいアカウントに割り当てられます。永続ボリュームを使用している場合は、ボリュームまたは関連するアカウントを変更または削除しないでください。
注意: Snapshot の作成に使用しInactiveProtection > Snapshotsたボリュームが削除されると、その Snapshot に関連付けられている Snapshot がページのビューに表示されます。削除さInactiveれたソースボリュームがパージされると、ビュー内のスナップショットもシステムから削除されます。

手順

  1. NetApp Element Management > Managementの順に選択します。
    注: 複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーション バーで選択されていることを確認してください。
  2. Volumesサブタブをクリックします。
  3. 次の手順で1つ以上のボリュームを削除します。
    1. Activeビューから、削除する各ボリュームのチェックボックスをオンにします。
    2. Actionsをクリックします。
    3. 表示されるメニューでDelete、をクリックします。
      注: プラグインでは、データストアを含むボリュームは削除できません。
    4. 操作を確定します。
      ボリュームがActiveビューからDeletedVolumesページのビューに移動します。