Snapshotの編集

Snapshotのレプリケーション設定または保持期間を変更できます。指定した保持期間は、新しい間隔の開始時点からの期間です。保持期間には、(Snapshotの作成時間からではなく)現在の時刻からの期間を指定します。間隔は、分、時間、および日数で指定できます。

手順

  1. NetApp Element Management > Protectionの順に選択します。
    注: 複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーション バーで選択されていることを確認してください。
  2. Snapshotsサブタブで、次の 2 つのビューのいずれかを選択します。
    • Individual:グループスナップショットのメンバーではないボリュームスナップショット。
    • Members:グループスナップショットのメンバーであるボリュームスナップショット。
  3. 編集するボリュームSnapshotのチェック ボックスを選択します。
  4. Actionsをクリックします。
  5. 表示されるメニューでEdit、を選択します。
  6. オプション: Include snapshot in replication when pairedこのチェックボックスをオンにすると、親ボリュームがペアになったときに、スナップショットがレプリケーションでキャプチャされます。
    注: Flash ベースの vSphere Web クライアントからプラグインを使用している場合は、ペアリングが機能しないときにスナップショットをレプリケーションに含めるように設定を変更します。代わりData Protection > Snapshots > Editに、 HTML5 vSphere Web クライアントからプラグインを使用するか、 Element UI 内の設定を変更できます()。
  7. オプション: Snapshotの保持期間として次のいずれかを選択します。
    • Keep forever:システム上の Snapshot を無期限に保持します。
    • Set retention period:システムがスナップショットを保持する期間(日数、時間数、または分数)を決定します。
    注: 保持期間には、(Snapshotの作成時間からではなく)現在の時刻からの期間を指定します。
  8. OKをクリックします。