vCenterへのvCenter Plug-inの登録

vCenter Plug-inパッケージをvSphere Web Clientに導入するには、vCenter Serverでパッケージを拡張機能として登録します。登録が完了すると、vSphere環境に接続されたすべてのvSphere Web Clientでこのプラグインを利用できるようになります。

開始する前に

タスク概要

vCenter Plug-inは、そのプラグインを使用するすべてのvCenter Serverに登録する必要があります。
注: MOBデータの同期を保ち、プラグインをアップグレードできるようにするには、リンク モード環境内の各vCenter Serverにプラグインを登録する必要があります。
接続先のvCenter Serverにプラグインが登録されていない場合、vSphere Web Clientにはプラグインが表示されません。

手順

  1. 登録用TCPポートを含む管理ノードのIPアドレスをブラウザに入力します(https://[management node IP]:9443)。

    プラグインの[Manage QoSSIOC Service Credentials]ページが表示されます。


    表示される登録ユーティリティのユーザ インターフェイス
  2. オプション: vCenter Plug-inを登録する前に、QoSSIOCサービスのパスワードを変更します。
    1. 次の情報を入力します。
      • Old Password:QoSSIOCサービスの現在のパスワード。パスワードをまだ割り当てていない場合は、デフォルトのパスワードを入力します。solidfire
      • New Password:QoSSIOCサービスの新しいパスワード。
      • Confirm Password:新しいパスワードをもう一度入力します。
    2. [Submit Changes]をクリックします。
    注: 変更を送信すると、QoSSIOCサービスが自動的に再起動されます。
  3. [vCenter Plug-in Registration]をクリックします。
    表示される登録ユーティリティの登録タブ
  4. 次の情報を入力します。
    • プラグインを登録するvCenterサービスのIPv4アドレスまたはFQDN。
    • vCenter Administratorのユーザ名。
      注: vCenter Administratorロールの権限を持つユーザのユーザ名とパスワードを入力する必要があります。
    • vCenter Administratorのパスワード。
    • (社内サーバ / ダーク サイトの場合)プラグインのZIPのカスタムURL。
      注: ほとんどのインストールではデフォルトのパスが使用されます。HTTPサーバまたはHTTPSサーバ(ダーク サイト)を使用する場合や、ZIPファイルの名前またはネットワーク設定を変更した場合は、[Custom URL]をクリックしてURLをカスタマイズできます。URLをカスタマイズする場合の追加の設定手順については、社内(ダーク サイト)のHTTPサーバのvCenterプロパティの変更に関するプラグインのドキュメントを参照してください。
  5. [Register]をクリックします。
  6. オプション: [Registration Status]をクリックします。
  7. オプション: 次の情報を入力します。
    • プラグインを登録するvCenterサービスのIPv4アドレスまたはFQDN
    • vCenter Administratorのユーザ名
    • vCenter Administratorのパスワード
  8. オプション: [Check Status]をクリックして、vCenter Serverに新しいバージョンのプラグインが登録されていることを確認します。
  9. vSphere Web ClientにvCenter Administratorとしてログインします。
    注: この操作でvSphere Web Clientでのインストールが完了します。vCenter Plug-inのアイコンがvSphereのメイン ページに表示されない場合は、プラグインのトラブルシューティングに関するドキュメントを参照してください。