複数クラスタを管理する場合のオブジェクト名のベストプラクティス

クラスタ コンポーネントを簡単に識別できるように、NetApp Element Plug-in for vCenter Serverに関連するすべてのオブジェクトに一貫したわかりやすい命名規則を使用する必要があります。これは、特にvCenter Serverやクラスタを複数使用する環境において重要となります。

わかりやすい命名規則を使用しないと、複数のクラスタを管理する際に混乱が生じるおそれがあります。たとえば、インベントリにSF-cluster1SF-cluster2がある場合は、アカウント、ボリューム、データストアにも同様のパターンで名前を付ける必要があります(SF1-account1SF2-vol1など)。一貫した命名規則を使用すれば、NetApp Element Management拡張ポイントのクラスタ ナビゲーション バーを調べなくても、作業中のクラスタを容易に識別できます。また、Elementソフトウェアベースのボリュームに関連付けられたデータストアなど、Elementソフトウェアベースのストレージ オブジェクトのバッキング オブジェクトとして機能するvSphere内のオブジェクトを誤って変更する可能性も少なくなります。