グループSnapshotからのボリュームのクローニング

ボリュームのグループをポイントインタイムのグループSnapshotからクローニングできます。作成したボリュームは、システム内の他のボリュームと同様に使用できます。

手順

  1. [NetApp Element Management] > [Protection]を選択します。
    注: 複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーション バーで選択されていることを確認してください。
  2. [Group Snapshots]サブタブをクリックします。
  3. ボリュームのクローンに使用するグループSnapshotのチェック ボックスを選択します。
  4. [Actions]をクリックします。
  5. 表示されたメニューで[Clone Volumes from Group Snapshot]を選択します。
  6. オプション: [Clone Volumes From Group Snapshot]ダイアログ ボックスで、新しいボリューム名のプレフィックスを入力します。
    注: このプレフィックスは、新しいクローン ボリュームを既存のボリュームと区別するために、 グループSnapshotから作成されるすべてのボリュームに適用されます。
  7. オプション: クローンを割り当てる別のアカウントを選択します。アカウントを選択しない場合、新しいボリュームは現在のボリューム アカウントに割り当てられます。
  8. オプション: クローン内のボリュームに適用する別のアクセス方法を選択します。アクセス方法を選択しない場合、現在のボリューム アクセス方法が使用されます。
    • Read/Write:すべての読み取りと書き込みが許可されます。
    • Read Only:すべての読み取りが許可されます。書き込みは許可されません。
    • Locked:管理者アクセスのみが許可されます。
    • Replication Target:レプリケートされたボリューム ペアのターゲット ボリュームとして指定されます。
  9. [OK]をクリックします。
    注: クローニング処理が完了するまでの時間は、ボリューム サイズおよびクラスタの現在の負荷によって異なります。