社内(ダーク サイト)のHTTPサーバ用のvCenterプロパティの変更

vCenter Plug-inの登録時に社内(ダーク サイト)のHTTPサーバのURLをカスタマイズする場合は、vSphere Web Clientのプロパティ ファイルを変更する必要があります。

開始する前に

ネットアップ サポート サイトからソフトウェアをダウンロードする権限が必要です。

手順

  1. vCenterがHTTPサーバからダウンロードを実行できるようにするために、ご使用の環境に対応する手順に従ってwebclient.propertiesファイルを変更します。
    オプション 説明
    vCSA
    1. SSHでvCenter Serverに接続します。
      Connected to service
       
          * List APIs: "help api list"
          * List Plugins: "help pi list"
          * Launch BASH: "shell"
       
      Command>
      
    2. コマンド プロンプトで「shell」と入力してrootにアクセスします。
      Command> shell
      Shell access is granted to root
      
    3. VMware vSphere Web Clientサービスを停止します。
      service-control --stop vsphere-client
      service-control --stop vsphere-ui
      
    4. ディレクトリを変更します。
      cd /etc/vmware/vsphere-client
      
    5. webclient.propertiesファイルを編集し、allowHttp=trueを追加します。
    6. ディレクトリを変更します。
      cd /etc/vmware/vsphere-ui
      
    7. webclient.propertiesファイルを編集し、allowHttp=trueを追加します。
    8. VMware vSphere Web Clientサービスを起動します:
      service-control --start vsphere-client
      service-control --start vsphere-ui
      
    Windows
    1. コマンド プロンプトからディレクトリを変更します。
      cd c:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin
      
    2. VMware vSphere Web Clientサービスを停止します。
      service-control --stop vsphere-client
      service-control --stop vsphere-ui
      
    3. ディレクトリを変更します。
      cd c:\ProgramData\VMware\vCenterServer\cfg\vsphere-client
      
    4. webclient.propertiesファイルを編集し、allowHttp=trueを追加します。
    5. ディレクトリを変更します。
      cd  c:\ProgramData\VMware\vCenterServer\cfg\vsphere-ui
      
    6. webclient.propertiesファイルを編集し、allowHttp=trueを追加します。
    7. コマンド プロンプトからディレクトリを変更します。
      cd c:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin
      
    8. VMware vSphere Web Clientサービスを起動します。
      service-control --start vsphere-client
      service-control --start vsphere-ui
      
    注: 登録手順が完了したら、変更したファイルからallowHttp=trueを削除してかまいません。
  2. vCenterをリブートします。