APIサービスを理解する

寄つくnetapp-manishc この表のPDFダウンロード

Active IQ APIサービスは、自動化を使用してワークフローを効率化します。 APIサービスの内部には、20以上の異なるサービスエリアにグループ化された100を超える異なるAPIエンドポイントを説明するAPIカタログがあります。これらのAPIは、ネットアップのお客様が利用でき、システム情報、ストレージ効率、パフォーマンス、ヘルス、アップグレードなど、さまざまな関心分野にまたがっています。

APIの概念に慣れていない場合、APIは、Active IQにプログラムで接続し、データをコンピューティング環境に戻すことができる単純なコードを記述できるようにするインターフェイスです。毎日ActiveIQに接続し、関心のある領域の最新データを返すようにコードを記述できます。次に、このデータを使用して、チケットシステムにデータを入力したり、独自のダッシュボード、Webページ、またはレポートを作成したりできます。 Active IQ APIカタログには、コードサンプルと、ブラウザーでAPIを直接試すための機能の両方があります。

APIによる自動化は、毎日または毎週繰り返されるタスクに効率と正確さを追加するための優れた方法です。リソースを解放して、より複雑なアクティビティを実行したり、新しいワークフローを自動化したりできます。たとえば、修正が必要なシステムヘルスリスクがある場合、少なくともActive IQからのそれらのアイテムのプルアウトと、チケットシステムへのプッシュを自動化できます。

APIカタログ

ページ上部のトグルにより、ユーザーはカタログを表示する2つのモードを切り替えることができます。コードビューは、必要な入力パラメーター、返されるデータの内容と形式、およびユーザーがコードを配置するためのパスを開始するためのコードサンプルに焦点を当てています。実験ビューは、メインのAPIサービスページから取得した生成されたトークンを使用して、ブラウザでAPIを「試す」機会をユーザーに提供します。

どちらのビューでも、ユーザーは左側のナビゲーションペインを使用して利用可能なアイテムを参照できます。アイテムはサービスごとにアルファベット順に整理されています。特定のサービス内で、見出しを展開して個々のAPIエンドポイントを表示できます。サービスの見出しまたはAPIエンドポイントをクリックすると、中央のペインのカタログのそのセクションに移動します。

APIの使用

承認されてトークンを生成すると、トークンを利用してプログラムによるクエリを実行し、データを取得できます。 APIカタログ内からAPIをテストして、クエリがどのように機能し、返されるデータのタイプを直接確認することもできます。これは、システムでコードフレームワークを構築する前に、APIがどのように機能するかを確実に理解するための優れた方法です。