構成の偏差を把握する

寄稿者 netapp-manishc このページの PDF をダウンロード

Config Drift 機能は、システムの構成偏差をプロアクティブに特定するのに役立ちます。システム構成またはクラスタ構成を、 AutoSupport データを生成するシステムを使用して作成したテンプレートとオンデマンドで比較できます。

集合知に基づくテンプレートやその他のオプションが今後のリリースで追加される予定です。

次の図を参考に、設定の違いを特定してレポートを生成するワークフローを把握してください。

ドリフトの設定ワークフロー