日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

監視リストがわかります

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

監視リストは、 Active IQ デジタルアドバイザ内で事前に選択されたシステムにすばやく簡単にアクセスするために使用されます。特定の顧客または一連のシステムを頻繁に表示する場合は、監視リストを作成することをお勧めします。監視リストは 50 個まで作成でき、各監視リストにはカテゴリごとに最大 15 、 000 個のシステム、シリアル番号ごとに最大 500 個のシステムを含めることができます。

Active IQ デジタルアドバイザに初めてアクセスするときは、ウォッチリストを作成するか、顧客名、サイト名、グループ名、 StorageGRID 、ホスト名、 クラスタ、シリアル番号、またはシステム ID 。

また、カードに適用される色についても注意する必要があります。色は、リスクの重大度とタイプを示します。