日本語

よくある質問

寄稿者netapp-manishcこのページのPDFをダウンロード

Active IQのストレージ効率にアクセスするにはどうすればよいですか?

ステップ
  1. オープンホームページアクティブIQ

  2. 右上の検索ボックスから顧客、サイト、グループ、クラスター、またはノードを検索して、それぞれのダッシュボードにアクセスします。

  3. 左側のナビゲーションから[ストレージ効率]をクリックします。

ウォッチリストを使用して作成されたダッシュボードは、ストレージ効率ウィジェットに表示されません。

Active IQはすべてのONTAPシステムの比率を表示しますか?

Active IQは、ONTAP9.1以降を実行しているシステムの比率を表示します。

効率ダッシュボードの[スナップショットなし]チェックボックスとは何ですか?

デフォルトでは、 Active IQ Efficiency Dashboardは、顧客レベル、サイトレベル、グループレベル、クラスターレベル、およびノードレベルで全体的な比率を計算します。全体の比率には、次のストレージ効率テクノロジーの比率が含まれます。

  • 重複排除

  • 圧縮

  • データの圧縮

  • クローンと

  • スナップショット

[スナップショットなし]チェックボックスを選択すると、Active IQは、顧客レベル、サイトレベル、グループレベル、クラスターレベル、およびノードレベルで効率比(重複排除、圧縮、データ圧縮、およびクローンストレージ効率テクノロジーからの比率)を計算します。

使用される物理データと使用される論理データとは何ですか?

  • 消費された物理ブロック/使用された物理データ

    • (将来の使用のために予約されるのではなく)現在データに使用されているスペースの量。

    • 集約Snapshotコピーによって使用されるスペースが含まれます。

    • クライアントが実際に消費/書き込みしたスペース

  • 使用された論理データの合計

    • 集計で使用される論理サイズを表示します。

    • これには、ボリューム、クローン、スナップショットが集約されて含まれます。

    • 論理サイズは、物理的な使用量(実際の書き込み)と集計で得られた節約に基づいて計算されます。

    • 将来の使用のために予約されたスペースは含まれません。

効率比の計算に使用されるAutoSupportはどれですか?

計算は、比率の計算に必要なセクションのほとんどを含む傾向がある、最新の毎週またはユーザーがトリガーするAutoSupportを使用して実行されます。

どのボリュームまたは集計が効率計算から除外されますか?

効率比の計算では、次のオブジェクトは考慮されません。

  • ルートアグリゲート

  • オフラインボリューム

  • Vserverルート/管理者ルートボリューム

  • MCC構成ボリューム

効率比の傾向をどのように確認できますか?

現在、効率の比率は、最新の毎週またはユーザーがトリガーするAutoSupportに基づいています。効率の傾向は、将来のリリースで検討される可能性があります。

顧客レベルの比率と効率の節約はどのように計算されますか?

カスタマーレベルのストレージ効率ダッシュボードは、AFFおよび非AFFシステムのSnapshotコピーがある場合とない場合の効率比を提供し、 ONTAP9.1以降を実行しているシステムのカスタマーインストールベース全体で組み合わされます。以下の計算に必要なパラメータは、ONTAPAutoSupportから取得されます。

スナップショットコピーなし(最初にAggrごとに計算):

操作

スナップショットコピーなしで使用されるAggr論理

アグリゲート内のボリューム、クローン、スナップショットコピーで使用される論理サイズ–スナップショットコピーで使用される論理サイズ

スナップショットコピーなしで使用されるAggr物理

合計物理使用量–(スナップショットコピーで使用される物理サイズ/集計データ削減SE比率)

スナップショットコピーなしの顧客効率比

Sum [すべてのアグリゲートおよび顧客のすべてのノードに対してSnapshotコピーなしで使用されるAggrLogical] / Sum [すべてのアグリゲートおよび顧客のすべてのノードに対してSnapshotコピーなしで使用されるAggrPhysical]:1

スナップショットコピーの場合:

操作

スナップショットコピーを使用した顧客の論理サイズ

合計[すべてのアグリゲートおよび顧客のすべてのノードのボリューム、クローン、スナップショットコピーで使用される論理サイズ]

スナップショットコピーで使用されるお客様の物理サイズ

合計[すべてのアグリゲートおよび顧客のすべてのノードに使用される合計物理サイズ]

スナップショットコピーによる顧客効率比

スナップショットのコピーとクローンを使用したお客様の論理サイズ/スナップショットのコピーとクローンを使用したお客様の物理サイズ:1

効率機能テーブルの計算:

操作

使用されたお客様の物理スペース

顧客のすべてのアグリゲートおよびすべてのノードのアグリゲートによって使用される物理スペースの合計

スナップショットコピーなしで使用される顧客の論理サイズ

ボリューム、クローン、スナップショットコピーで使用される論理サイズの合計-顧客のすべてのノードのすべての集計のスナップショットコピー使用される論理サイズ

スナップショットコピーで使用される顧客の論理サイズ

顧客のすべてのノードのすべてのアグリゲートのアグリゲート内のボリューム、クローン、スナップショットコピーで使用される論理サイズの合計

節約された合計スペース

使用された論理スペースの合計–使用された物理スペースの合計

重複排除の節約

ボリューム重複排除によって節約されたスペースの合計+インラインゼロパターンによって節約されたスペース顧客のすべてのノードの各集約の検出

圧縮の節約

顧客のすべてのノードの各集約のボリューム圧縮によって節約されたスペースの合計

圧縮の節約(ONTAP 9.1の場合)

顧客のすべてのノードの各集約の集約圧縮によって節約されたスペースの合計

圧縮の節約(ONTAP 9.2以降の場合)

顧客のすべてのノードの各集計の集計データ削減によって節約されたスペースの合計

FlexCloneの節約

顧客のすべてのノードの各集約の集約圧縮によって節約されたスペースの合計

スナップショットはバックアップの節約をコピーします

顧客のすべてのノードのすべての集約の(スナップショットコピーで使用される論理サイズ-スナップショットコピーで使用される物理サイズ)の合計

個々の効率の節約をすべて追加しても、ストレージ効率によって節約されたデータの合計が合計されないのはなぜですか?

効率の節約は、ボリュームとローカル層(集計)のストレージ効率ダッシュボードに表示されます。ボリュームの節約と集約の節約はどちらも異なるストレージオブジェクトで発生するため、追加することはできません。

ONTAPにアップグレードする前に、ストレージ効率が誤って報告された、またはそれ以上になったのはなぜですか?

ONTAPのバグが原因でノードにデータ保護ボリュームが存在する場合、ストレージ効率が高くなります。この問題はONTAP9.3P11で修正されています。 9.3P11より前のONTAPバージョンからアップグレードした場合、およびデータ保護ボリュームがノードに存在する場合、ストレージ効率は正しい値または低い値を報告できます。

フィードバックや質問については、 ng-activeiq-feedback @ netapp.comにメールを送信してください