日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FabricPool Advisor を使用して、アクセス頻度の低いデータを監視し、階層化する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

コールドデータや非アクティブデータを監視して低コストのオブジェクトストレージ階層に階層化することで、ストレージの設置面積と関連コストを削減できます。

Active IQ デジタルアドバイザの FabricPool アドバイザダッシュボードには、アクセス頻度の低いローカル階層(アグリゲート)データ、アクセス頻度の低いボリュームデータ、階層化されたデータ、監視対象外のデータの詳細が表示されます。

注記 Inactive Data Reporting ( IDR )を有効にして、 Ansible Playbook ファイルを含む zip ファイルを生成することができます。この情報は、顧客、サイト、グループ、監視リスト、クラスタ、ノードの各レベルで確認できます。

ボリュームにアクセス頻度の低いデータが 50% を超えている場合、 NetApp ® Cloud Manager を使用してデータを階層化できます。クラウド階層化の詳細については、を参照してください "Cloud Tiering の詳細をご確認ください"

手順
  1. 左側のナビゲーションペインから * FabricPool アドバイザ * を選択します。

  2. [Tier Data] をクリックして、 Cloud Manager を使用してデータを階層化します。

FabricPool の詳細については、を参照してください "FabricPool のベストプラクティス"