日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp Keystone フレックスサブスクリプションを使用して容量利用率を表示します

寄稿者 netapp-reenu netapp-manishc このページの PDF をダウンロード

Keystone Flex サブスクリプションサービスに登録している場合は、 Active IQ デジタルアドバイザダッシュボードに Flex サブスクリプションウィジェットを表示できます。

Flex サブスクリプションウィジェットには、アカウントの使用容量の概要が表示されます。このグラフは、論理容量を基準に容量利用率のグラフで構成され、最後の 5 分に切り上げられます。コミット済み容量(バースト容量)を上回る利用率は、赤で示されます。

Keystone - 容量利用率 * ダッシュボードを表示できます。このダッシュボードでは、ウィジェット内のデータを分析し、サブスクライブされているすべてのストレージの容量と使用状況のトレンドをグラフィカルに表示します "サービス階層"NetApp Keystone Flex サブスクリプションアカウントに関連付けられている、プレミアム、エクストリーム、標準など。

を表示できます "Flex サブスクリプションサービスの容量" また、ダッシュボードでブロックストレージ、ファイルサービスストレージ、オブジェクトストレージにサブスクライブした各サービスの使用状況を確認できます。

注記 Active IQ ユーザは、 ONTAP コレクタと AutoSupport のどちらかを選択して、使用容量に関するデータを取得できます。
手順
  1. 詳細な * Keystone - 容量利用率 * ダッシュボードで、「 * 詳細を表示」をクリックして利用率のトレンドを確認します。

  2. 30 日、 7 日、または 1 日を選択して、最近の平均使用傾向を表示します。

  3. 必要に応じて、 ONTAP コレクタで容量の使用状況に関するデータを取得するように選択した場合は、ダッシュボードのタブをクリックしてファイル共有とディスクに関する詳細を確認できます。

    [ 共有 ] または [ * ディスク ] をクリックして、コミット済み容量の上限に近づいているファイル共有またはディスクを特定し、十分な情報に基づいてストレージ容量を節約するための決定を行います。