日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

セキュリティ

寄稿者 dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

Astra REST API は、複数のセキュリティレイヤを提供します。

注記 すべての HTTP ネットワークトラフィックは、 Transport Layer Security ( TLS )標準を使用して保護されます。

Astra の API トークン

Astra REST API を使用するには、すべての要求に対して「 Authorization 」要求ヘッダーで API トークンを指定する必要があります。次の点に注意してください。

  • Astra の Web ユーザインターフェイスで API トークンを生成できます。

  • トークンは作成後に期限切れになることはありません。

  • トークンは、 Astra Web ユーザインターフェイスでいつでも取り消すことができます。

を参照してください "API トークンを取得します" を参照してください。

API アクセストークンの取り消し

不要になった API トークンは、 Astra Web インターフェイスで取り消すことができます。

Astra サービスのアカウントが必要です。また、取り消すトークンを特定する必要があります。

トークンが取り消されると、そのトークンはただちに永続的に使用できなくなります。

手順
  1. アカウントのクレデンシャルを使用して Astra にサインインします。

    Astra Control Service の次のサイトにアクセスします。 "https://astra.netapp.io"

  2. ページの右上にある図のアイコンをクリックし、 * API access * を選択します。

  3. 取り消すトークンまたはトークンを選択します。

  4. [* アクション * ( * Actions * ) ] ドロップダウンボックスで、 [ トークンの無効化 * ( * Revoke tokens * ) ] をクリック

ロールとアクセス制御

各アストラユーザには、実行可能なアクションを決定する 1 つのロールが割り当てられます。役割は、次の表に示すように階層構造になっています。

ロール 説明

オーナー

admin ロールのすべての権限が割り当てられており、 Astra アカウントを削除することもできます。

管理

メンバーの役割のすべての権限を持ち、ユーザーをアカウントに招待することもできます。

メンバー

Astra アプリケーションとコンピューティングのリソースを完全に管理できる。

ビューアー( Viewer )

リソースの表示のみに制限されます。