日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コレクションの操作

寄稿者 dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

Astra REST API には、定義されたクエリパラメータを使用してリソース収集にアクセスするためのいくつかの異なる方法があります。

値の選択

各リソース・インスタンスに対して 'include' パラメータを使用して ' どのキーと値のペアを返すかを指定できますすべてのインスタンスが応答の本文で返されます。

フィルタリング

収集リソースのフィルタリングを使用すると、 API ユーザは、応答の本文でリソースが返されるかどうかを決定する条件を指定できます。「 filter 」パラメータは、フィルタリング条件を示すために使用されます。

並べ替え

収集リソースのソートを使用すると、 API ユーザは応答の本文でリソースが返される順序を指定できます。「 orderBy 」パラメータは、フィルタリング条件を示します。

ページ付け

制限パラメータを使用して ' 要求に対して返されるリソース・インスタンスの数を制限することにより ' ページ付けを強制できます

カウント

ブール値パラメータ「 count 」を「 true 」に設定した場合、返された応答の配列内のリソースの数がメタデータセクションに表示されます。