日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Helm チャートから MariaDB を導入します

から MariaDB を導入する方法について説明します "Bitnami Helm チャート"。クラスタに MariaDB を導入すると、 Astra Control を使用してアプリケーションを管理できます。

MariaDB は、 Astra 向けの検証済みアプリケーションです。

以下の手順は、 Astra Control Service と Astra Control Center の両方に適用されます。

注記 Google Marketplace から導入されたアプリケーションは検証されていません。一部のユーザから、 Postgres 、 MariaDB 、 MySQL を導入した Google Marketplace での検出やバックアップで問題が報告されることがあります。

要件

  • Astra Control に追加されたクラスタ。

    注記 Astra Control Center では、最初にクラスタを Astra Control Center に追加するか、最初にアプリケーションを追加できます。
  • クラスタの適切な kubeconfig を使用してローカルマシンにインストールされている Helm (バージョン 3.2+ )および Kubectl のバージョンを更新しました

MariaDB をインストールします

このプロセスに関する 2 つの重要な注意事項:

  • アプリケーションは、クラスタを Astra Control Service に追加したあとに、以前には導入しないでください。Astra Control Center は、 Astra Control Center にクラスタを追加する前後のアプリケーションを受け入れます。

  • Helm チャートは、デフォルト以外の名前空間に展開する必要があります。

手順
  1. Bitnami チャート repo を追加します。

    helm repo add bitnami https://charts.bitnami.com/bitnami
  2. コマンドを使用して、 MariaDB を導入します。

    Helm install <name> --namespace <namespace> --create-namespace -–set persistence.storageClass=<storage_class>
    注記 ボリュームサイズを変更する場合は、 Kibibyte ( KI )、 Meibyte ( MI )、または Gibyte ( Gi )単位を使用します。

    ストレージクラスを定義する必要があるのは、次の場合のみです。

    • Astra Control サービスを使用していて、デフォルトのストレージクラスを使用しない場合。

    • Astra Control Center を使用していて、まだ Astra Control Center にクラスタをインポートしていない。あるいは、クラスタをインポートしたあとに、デフォルトのストレージクラスを使用する必要がなくなった場合。

これにより、次の処理が行われます。

  • ネームスペースを作成します。

  • ネームスペースに MariaDB を導入します。

  • データベースを作成します。

警告 導入時にパスワードを設定するこの方法は安全ではありません。本番環境にはお勧めしません。

ポッドがオンラインになったら、 Astra Control を使用してアプリケーションを管理できます。Astra Control を使用すると、アプリケーションをネームスペースレベルで管理したり、 Helm ラベルを使用して管理したりできます。