日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バケットを管理する

アプリケーションや永続的ストレージをバックアップする場合や、クラスタ間でアプリケーションをクローニングする場合は、オブジェクトストアバケットプロバイダが不可欠です。Astra Control Center を使用して、オフクラスタのバックアップ先として、アプリケーションのオブジェクトストアプロバイダを追加します。

アプリケーション構成と永続的ストレージを同じクラスタにクローニングする場合、バケットは必要ありません。

次のいずれかのバケットプロバイダを使用:

  • NetApp ONTAP S3

  • NetApp StorageGRID S3 の略

  • 汎用 S3

注記 Astra Control Center は Amazon S3 を汎用 S3 バケットプロバイダとしてサポートしていますが、 Astra Control Center は Amazon の S3 サポートを要求するすべてのオブジェクトストアベンダーをサポートしているわけではありません。

バケットは削除できませんが、編集することはできます。

バケットの状態は次のいずれかになります。

  • Pending :バケットの検出がスケジュールされています。

  • Available :バケットは使用可能です。

  • Removed :バケットには現在アクセスできません。

Astra API を使用してバケットを管理する方法については、を参照してください "Astra の自動化と API に関する情報"

バケットの管理に関連して次のタスクを実行できます。

注記 Astra Control Center の S3 バケットは、使用可能容量を報告しません。Astra Control Center で管理されているアプリケーションのバックアップまたはクローニングを行う前に、 ONTAP または StorageGRID 管理システムでバケット情報を確認します。

クレデンシャルを削除する

Astra Control API を使用して、アカウントから S3 クレデンシャルをいつでも削除できます。

詳細については、を参照してください "Astra Control API を使用"

ヒント Astra Control に追加する最初のクレデンシャルセットは、 Astra Control がバックアップバケットの認証にクレデンシャルを使用するため、常に使用されています。これらの資格情報は削除しないことをお勧めします。

バケットを編集する

バケットのアクセスクレデンシャル情報を変更したり、選択したバケットがデフォルトバケットかどうかを変更したりできます。

注記 バケットを追加するときは、適切なバケットプロバイダタイプと、そのプロバイダに適したクレデンシャルを選択します。たとえば、 UI では、 StorageGRID クレデンシャルを使用して、タイプとして NetApp ONTAP S3 が受け入れられますが、これにより、今後このバケットを使用して原因のすべてのアプリケーションのバックアップとリストアが失敗します。を参照してください "リリースノート"
手順
  1. 左ナビゲーションから、 * バケット * を選択します。

  2. アクションメニューから * 編集 * を選択します。

  3. バケットタイプ以外の情報を変更します。

    ヒント バケットタイプは変更できません。
  4. 「 * Update * 」を選択します。

詳細については、こちらをご覧ください