日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アプリケーションのリストア

Astra Control Center では、スナップショットまたはバックアップからアプリケーションを復元できます。永続的ストレージのバックアップと Snapshot はオブジェクトストアから転送されるため、既存の Snapshot から同じクラスタへのリストアは他の方法よりも高速です。Astra の UI またはを使用できます "Astra API" アプリを復元するには、

注記 Helm を使用してアプリケーションを展開する場合、 Astra Control Center には Helm バージョン 3 が必要です。Helm 3 (または Helm 2 から Helm 3 にアップグレード)を使用して展開されたアプリケーションの管理とクローニングが完全にサポートされています。Helm 2 で展開されたアプリケーションはサポートされていません。
注記 別のクラスタにリストアする場合は、同じ永続的ボリュームアクセスモード( ReadWriteMany など)をクラスタで使用していることを確認してください。デスティネーションの永続ボリュームアクセスモードが異なると、リストア処理は失敗します。
注記

OpenShift クラスタでアプリケーションをホストするプロジェクトを作成すると、プロジェクト(または Kubernetes ネームスペース)に SecurityContext UID が割り当てられます。Astra Control Center でアプリケーションを保護し、 OpenShift でそのアプリケーションを別のクラスタまたはプロジェクトに移動できるようにするには、アプリケーションを任意の UID として実行できるようにポリシーを追加する必要があります。たとえば、次の OpenShift CLI コマンドは、 WordPress アプリケーションに適切なポリシーを付与します。

OC new-project ワードプレス ` OC adm policy add -scc to -group anyuid system: serviceaccounts:wordpress `OC adm policy add -scc to -user Privileged -z default-n wordpress

手順
  1. [ * アプリ * ] をクリックし、アプリの名前をクリックします。

  2. [ * データ保護 * ] をクリックします。

  3. Snapshot からリストアする場合は、 * Snapshots * アイコンを選択したままにします。それ以外の場合は、「 * Backups * 」アイコンをクリックしてバックアップからリストアします。

  4. リストア元の Snapshot またはバックアップの * Actions * 列のドロップダウンリストをクリックします。

  5. [ * アプリケーションの復元 * ] をクリックします。

  6. * リストアの詳細 * :リストアの詳細を指定します。

    • アプリケーションの名前と名前空間を入力します。

      注記 削除されたアプリケーションを復元する場合は、元の名前とは異なる名前と名前空間をアプリケーションに選択します。リストアされたアプリケーションの名前が削除されたアプリケーションと同じである場合、リストア処理は失敗します。
    • アプリケーションのデスティネーションクラスタを選択します。

    • [* Review (レビュー) ] をクリックします

  7. * リストアの概要 * :リストア操作の詳細を確認し、 * リストア * をクリックします。

Astra Control Center は、指定した情報に基づいてアプリケーションを復元します。

注記 データ保護処理(クローン、バックアップ、リストア)が完了して永続ボリュームのサイズを変更したあと、新しいボリュームのサイズが UI に表示されるまでに最大 20 分かかります。データ保護処理にかかる時間は数分です。また、ストレージバックエンドの管理ソフトウェアを使用してボリュームサイズの変更を確認できます。