日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra データストアのストレージ効率

Astraデータストアでは、ネットアップのONTAP テクノロジとSolidFire テクノロジを基盤に、次のようなStorage Efficiencyテクノロジを使用しています。

  • * シンプロビジョニング * :シンプロビジョニングされたボリュームは、ストレージが事前に予約されていないボリュームです。代わりに、ストレージは必要に応じて動的に割り当てられます。ボリュームまたは LUN 内のデータが削除されると、空きスペースはストレージシステムに戻されます

  • ゼロブロックの検出と排除:シンプロビジョニングを使用したAstra Data Storeストレージシステムは、ボリュームが初期化されている領域を検出して、その領域を再利用して他の場所で使用することができます。

  • * 圧縮 * :圧縮では、データブロックを圧縮グループに集約し、各データブロックを 1 つのブロックとして格納することで、ボリュームに必要な物理ストレージの量を削減します。Astra Data Storeでは、ファイル全体ではなく、要求されたデータを含む圧縮グループのみを解凍するため、従来の圧縮手法よりも圧縮されたデータの読み取りが高速になります。

  • * 重複排除 * :重複するブロックを破棄して単一の共有ブロックへの参照に置き換えることで、ボリューム(または AFF アグリゲート内のすべてのボリューム)に必要なストレージ容量を削減します。通常、重複排除されたデータの読み取りがパフォーマンスに影響することはありません。ノードに負荷が集中している場合を除き、書き込みによる影響もほとんどありません。

これらの機能はすべてデフォルトで有効になっています。

を参照してください "Storage Efficiency の詳細"