日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra データストアのクイックスタート

このページでは、Astraデータストアの導入に必要な手順の概要を説明します。各ステップ内のリンクから、詳細が記載されたページに移動できます。

ぜひお試しください。Astraデータストアを試用する場合は、90日間の評価版ライセンスを使用できます。 "こちらから登録してください" Astraデータストアライセンスを取得する方法

<span class="image"><img src="https://raw.githubusercontent.com/NetAppDocs/common/main/media/number-1.png" Alt="One"></span> Kubernetes クラスタの要件を確認します
  • クラスタが正常な状態で稼働し、少なくとも 4 つのワーカーノードがある必要があります。

  • Astraデータストア環境の一部であるKubernetesワーカーノードには、いずれも同じインターフェイスタイプ(SATA、SAS、NVMe)のSSDと、Astraデータストアクラスタに割り当てられているドライブ数が必要です。

  • SSD のシリアル番号はそれぞれ一意である必要があります。

の詳細を確認してください "Astra データストアの要件"

<span class="image"><img src="https://raw.githubusercontent.com/NetAppDocs/common/main/media/number-2.png" Alt="2"></span> Astraデータストアをダウンロードしてインストールします
  • からAstraデータストアをダウンロードします "ネットアップサポートサイト"

  • Astraデータストアをローカル環境にインストール

  • Astraデータストアライセンスを適用します。

  • Astraデータストアクラスタをインストール

の詳細を確認してください "Astraデータストアのインストール"

<span class="image"><img src="https://raw.githubusercontent.com/NetAppDocs/common/main/media/number-3.png" Alt="3"></span> 初期設定タスクをいくつか実行します
  • Astra Trident をインストール

  • Kubernetes スナップショットカスタムリソース定義( CRD )とコントローラをインストールする。

  • Astraデータストアをストレージバックエンドとしてセットアップする。

  • Default Astra Data Storeストレージクラスを作成

  • 遠隔測定サービス用のAstraデータストアを構成する。

の詳細については、を参照してください "初期セットアッププロセス"

Astraデータストアのセットアップが完了したら、次のことを行うことができます。