日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

既知の問題

ここでは、このプレビュー版の製品を正常に使用できなくなる原因にもなる、既知の問題について記載します。

デフォルトの活性プローブ値を使用した MongoDB 環境で、ポッドがクラッシュループ状態で失敗する

回避策として、 MongoDB 導入仕様で liveness プローブ initialDelaySeconds を 600 秒に設定します。

原因 ポッドは、 Astra データストアプレビューのアンインストールプロセスで終了状態のままになる場合があります

Kubernetes v1.20 の Astra データストアプレビューアンインストールプロセスでは、原因 ポッドが終了状態のまま残ることがあります。

詳細については、こちらをご覧ください