日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

イベントログを設定して監視する

Event Management System ( EMS ;イベント管理システム)ログを監視するには、次の高度なタスクを実行します。

Astra Data Storeクラスタカスタムリソース(CR)での監視の設定

Astra Data StoreクラスタCRでモニタリングオプションが設定されていない場合は、「astras」拡張機能を使用して設定できます。

入力するコマンド

kubectl astrads monitoring setup -n <NAMESPACE OF AGENT INSTALLED> -r <DOCKER REPO TO FIND FLUENT/TELEGRAF ETC IMAGES>

ここで、

  • インストールされているエージェントのネームスペース: Monitoring Agent のネームスペースを入力します。この名前は、 Monitoring Operator のデフォルトの名前である NetApp CR になります。

  • -r は 'Fluent イメージまたは Telegraf イメージが置かれている Docker レジストリをセットアップするためのオプションですデフォルトでは ' パスは docker.repo.eng.netapp.com/global/astra` に設定されていますこのパスは変更できます

Cloud Insights をセットアップする

ログを表示するには Cloud Insights の設定は任意ですが、 Cloud Insights を使用してデータを表示すると便利です。を参照してください "NetApp Cloud Insights のセットアップ方法" Astraデータストアで使用。

イベントログを Elastic にストリーミングする

EMS イベントやその他のポッドログを Elastic などのサードパーティのエンドポイントにストリーミングするには、「 astrads 」拡張機能を使用します。

入力するコマンド

kubectl astrads monitoring --host <ELASTIC HOST NAME> --port <ELASTIC HOST PORT> es
注記 Elastic ホスト名は IP アドレスでもかまいません。