日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Backup API

寄稿者

Web UIから使用できるクラウドバックアップ機能は、RESTful APIからも使用できます。

Cloud Backup Service には、次の8つのエンドポイントカテゴリが定義されています。

  • バックアップ

  • カタログ

  • クラウド

  • ジョブ

  • 使用許諾

  • リストア

  • single file-level restore(SFR;単一ファイルレベルリストア)

  • 作業環境

はじめに

Cloud Backup APIを使用するには、ユーザトークン、Cloud CentralアカウントID、およびCloud Connector IDを取得する必要があります。

API呼び出しを行うときは、Authorizationヘッダーにユーザートークンを、x-agent-idヘッダーにCloud Connector IDを追加します。APIでCloud CentralアカウントIDを使用してください。

手順
  1. NetApp Cloud Central からユーザトークンを取得します。

    次のリンクからリフレッシュトークンを生成してください:https://services.cloud.netapp.com/refresh-token/リフレッシュトークンは、ユーザートークンを生成するために使用する英数字文字列です。

    curl --location --request POST 'https://netapp-cloud-account.auth0.com/oauth/token?=' \
    --header 'Content-Type: application/json' \
    -d '{
        "grant_type": "refresh_token",
        "refresh_token": "JxaVHn9cGkX92aPVCkhat3zxxxxxwsC9qMl_pLHkZtsVA",
        "client_id": "Mu0V1ywgYteI6w1MbD15fKfVIUrNXGWC"
    }'
  2. NetApp Cloud CentralアカウントIDを取得します。

    GET 'https://cloudmanager.cloud.netapp.com/tenancy/account' -H 'authority: cloudmanager.cloud.netapp.com'
    Header:
    -H 'accept: application/json'
    -H 'accept-language: en-GB,en;q=0.9'
    -H 'authorization: Bearer eyJhbGciOiJSUzI1NiIsInR………

    このAPIは、次のような応答を返します。アカウントIDを取得するには、*[0].[accountPublicId]*の出力を解析します。

    [{"accountPublicId":"account-i6vJXvZW","accountName":"rashidn","isSaas":true,"isGov":false,"isPrivatePreviewEnabled":false,"is3rdPartyServicesEnabled":false,"accountSerial":"96064469711530003565","userRole":"Role-1"}………
  3. Cloud Manager Connector IDが含まれているx-agent-idを取得します。

    GET curl 'https://api.services.cloud.netapp.com/occm/list-occms/account-OOnAR4ZS?excludeStandalone=true&source=saas' \
    Header:
      -H 'authority: api.services.cloud.netapp.com' \
      -H 'accept: application/json' \
      -H 'accept-language: en-GB,en;q=0.9' \
      -H 'authorization: Bearer eyJhbGciOiJSUzI1NiIsInR5…………

    このAPIは、次のような応答を返します。エージェントIDを取得するには、*occcm.[0].[agent].[AgentID]*の出力を解析します。

    {"occms":[{"account":"account-OOnAR4ZS","accountName":"cbs","occm":"imEdsEW4HyYTFbt8ZcNKTKDF05jMIe6Z","agentId":"imEdsEW4HyYTFbt8ZcNKTKDF05jMIe6Z","status":"ready","occmName":"cbsgcpdevcntsg-asia","primaryCallbackUri":"http://34.93.197.21","manualOverrideUris":[],"automaticCallbackUris":["http://34.93.197.21","http://34.93.197.21/occmui","https://34.93.197.21","https://34.93.197.21/occmui","http://10.138.0.16","http://10.138.0.16/occmui","https://10.138.0.16","https://10.138.0.16/occmui","http://localhost","http://localhost/occmui","http://localhost:1337","http://localhost:1337/occmui","https://localhost","https://localhost/occmui","https://localhost:1337","https://localhost:1337/occmui"],"createDate":"1652120369286","agent":{"useDockerInfra":true,"network":"default","name":"cbsgcpdevcntsg-asia","agentId":"imEdsEW4HyYTFbt8ZcNKTKDF05jMIe6Zclients","provider":"gcp","systemId":"a3aa3578-bfee-4d16-9e10-

APIを使用した例

次の例は、AzureクラウドのEast-US-2リージョンで、daily、hourly、weeklyのラベルを設定したあと180日後にアーカイブした新しいポリシーを使用して、Working Environmentでバックアップをアクティブ化するAPI呼び出しを示しています。これにより、作業環境でのみバックアップが有効になりますが、ボリュームはバックアップされません。「auto-backup-enabled」を選択すると、システムにすでに存在するすべてのボリュームと、以降に追加されたボリュームがバックアップされます。

Cloud CentralアカウントID「account-DpTFcxN3」、Cloud Manager Connector ID「iZwFFeVCZjWnzGw8RgD0QNANZvpP7Iclients」、ユーザートークン「Bearer eJhbGciJIJzIZI1I1IKUSCUZUZUZ56UZUZUZUSCH56UZUZUZUZUZUZUZUVZUGZUGZUGZ4WISZUGVC5WISLKUZWISLKUx4Q」が使用されています。

curl --location --request POST 'https://cloudmanager.cloud.netapp.com/account/account-DpTFcxN3/providers/cloudmanager_cbs/api/v3/backup/working-environment/VsaWorkingEnvironment-99hPYEgk' \
--header 'x-agent-id: iZwFFeVCZjWnzGlw8RgD0QQNANZvpP7Iclients' \
--header 'Accept: application/json' \
--header 'Content-Type: application/json' \
--header 'Authorization: Bearer eyJhbGciOiJSUzI1NiIsInR5cCI6IkpXVCIsImtpZCI6Ik5rSXlPVFUzUWpZek1E…y6nyhBjwkeMwHc4ValobjUmju2x0xUH48g' \
--data-raw '{
    "provider":"AZURE",
    "backup-policy": {
      "archive-after-days": 180,
      "rule": [
        {
          "label": "hourly",
          "retention": "2"
        },
        {
          "label": "daily",
          "retention": "30"
        },
        {
          "label": "weekly",
          "retention": "52"
        }
      ]
    },
    "ip-space": "Default",
    "region": "eastus2",
    "azure": {
      "resource-group": "rn-test-backup-rg",
      "subscription": "3beb4dd0-25d4-464f-9bb0-303d7cf5c0c2"
    }
  }'
応答は、監視可能なジョブIDです。
{
    "job-id": "1b34b6f6-8f43-40fb-9a52-485b0dfe893a"
}
応答を監視します。
curl --location --request GET 'https://cloudmanager.cloud.netapp.com/account/account-DpTFcxN3/providers/cloudmanager_cbs/api/v1/job/1b34b6f6-8f43-40fb-9a52-485b0dfe893a' \
--header 'x-agent-id: iZwFFeVCZjWnzGlw8RgD0QQNANZvpP7Iclients' \
--header 'Accept: application/json' \
--header 'Content-Type: application/json' \
--header 'Authorization: Bearer eyJhbGciOiJSUzI1NiIsInR5cCI6IkpXVCIsImtpZCI6Ik5rSXlPVFUzUWpZek1E…hE9ss2NubK6wZRHUdSaORI7JvcOorUhJ8srqdiUiW6MvuGIFAQIh668of2M3dLbhVDBe8BBMtsa939UGnJx7Qz6Eg'
応答。
{
    "job": [
        {
            "id": "1b34b6f6-8f43-40fb-9a52-485b0dfe893a",
            "type": "backup-working-environment",
            "status": "PENDING",
            "error": "",
            "time": 1651852160000
        }
    ]
}
「status」が「completed」になるまで監視します。
{
    "job": [
        {
            "id": "1b34b6f6-8f43-40fb-9a52-485b0dfe893a",
            "type": "backup-working-environment",
            "status": "COMPLETED",
            "error": "",
            "time": 1651852160000
        }
    ]
}
トークンの有効期限が切れた場合はどうすればよいですか。

NetApp Cloud Central のユーザトークンの有効期限が切れています。トークンを更新するには、手順 1 から API を再度呼び出す必要があります。

API 応答には、トークンの有効期限を示す「 expires_in 」フィールドが含まれています。

API リファレンス

各Cloud Backup APIのドキュメントは、から入手できます https://docs.netapp.com/us-en/cloud-manager-automation/cbs/overview.html