日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラウドネイティブなアプリケーションデータをバックアップ

寄稿者

組み込みポリシーを割り当てるか、ポリシーを作成してデータベースに割り当てることができます。ポリシーを割り当てると、ポリシーで定義されたスケジュールに従ってバックアップが作成されます。オンデマンドバックアップを作成することもできます。

注記 Oracle用のASMディスクグループを作成する場合は、複数のディスクグループにまたがるボリュームがないことを確認してください。各ディスクグループには専用のボリュームを含める必要があります。
  • 手順 *

    1. [アプリケーション]ページで、データベースがポリシーを使用して保護されていない場合は、[ポリシーの割り当て]をクリックします。

      データベースが1つ以上のポリシーを使用して保護されている場合は、をクリックして複数のポリシーを割り当てることができます アイコンをクリックして操作を選択します >*ポリシーの割り当て*。

    2. ポリシーを選択し、* assign *をクリックします。

      バックアップは、ポリシーで定義されたスケジュールに従って作成されます。

    注記 サービスアカウント(SnapCenter -account-<account_id>)は、スケジュールされたバックアップ処理の実行に使用されます。

オンデマンドバックアップを作成

ポリシーを割り当てたら、アプリケーションのオンデマンドバックアップを作成できます。

  • 手順 *

    1. [アプリケーション]ページで、をクリックします アイコンをクリックして操作を選択します アプリケーションに対応して、*オンデマンドバックアップ*をクリックします。

    2. アプリケーションに複数のポリシーが割り当てられている場合は、ポリシー、保持値を選択し、*バックアップの作成*をクリックします。

  • 詳細はこちら *

大規模なデータベース(250GB以上)をリストアしたあとに、同じデータベースでフルオンラインバックアップを実行すると、次のエラーメッセージが表示されて処理が失敗することがあります。

ステータスコード500でエラーが発生しました。エラー{\"error\":{\"コード\":\"APP_INTERNAL ERROR \"、\"message\":\"スナップショットの作成に失敗しました。理由:Snapshotでバックアップされたクローンが原因で、Snapshot処理を実行できません。しばらくしてからもう一度お試しください

この問題 の修正方法については、以下を参照してください。 "Snapshotでバックアップされたクローンが原因で、Snapshot処理を実行できません"